王様のような食卓!

ハワイの空は何時も秋空模様!向こうにとんまが歩いてゆく、、(笑)。
エバ・サイドからの蝙蝠山、パリ・サイドからのほうがはっきり蝙蝠に見える!
エバビレッジ・ゴルフ・コースから見える高架鉄道のHo’opili駅。
ハローウィンが近いのでパンプキンが出始めました!
最近ソニーのテレビを少しは見るようになった。一時は全く消えてたけどね。サムソンなんかよりは少し高い!
32インチのハイセンス(中国製)ならこんな値段であります、、。
カスコでギターも売ってます。これで179ドルは、、、いりません、、涙。左隣はカラオケマシン、右隣りはウクレレを売ってました。皆家から出られないのでこんなものが売れるのかな、、。
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より!
終戦直後、焼野原の東京!

夕べ子供のころの夢を見た。

健太は1941年8月の戦前生まれ。

と言っても日本軍による真珠湾攻撃が1941年の12月だから、

戦争の始まる3か月とちょっと前に生まれた、ってことになる。

終戦は1945年8月、

当時はアメリカの大空襲によって、

東京のほぼ全域が上のモノクロ写真ような有様だった。

アメリカの東京空襲が激しくなった1945年はじめころ、

健太は福島の保原と言うところへ疎開した。

その保原の話はまたの機会にするとして、

戦争が終わって東京の明大前の家(泉町)に帰ると、

幸い家は被爆せず残っていた。

辺りは全く上の写真のように一面焼け野原だった。

わずか4歳の健太だったけどその景色は今でもしっかりこの瞼に焼き付いている。

正に上の写真そのままで、

明大前の家から焼け残った新宿のガスタンクがすぐそこに見えたくらいだ。

その家は祖父の家で、

焼夷弾(爆弾)が屋根に落ちたけど、

幸い不発弾で家は燃えずに、

天井に穴が開いただけで済んだ。

してぇ、

夕べ見た夢はそのころの夢で、

鼻をかんだら顔中真っ黒けになってみんなに笑われた夢、、。

今でこそ「ティッシュ」とか「トイレットペーパー」なんてものがふんだんにあるけど、

当時はそんなものなんてあるわけがない、

辛うじてあった紙と言えば新聞紙

だからどこの家でも新聞紙を小さく四角く切って、

トイレット・ペーパーや鼻紙として使っていたんだ、、。

当時の新聞の印刷インクは最悪で、

読んでいる手も真っ黒になるほど。

だから健太が鼻を噛んだら顔中真っ黒になった、、ってわけ。

ましてやトイレに行くと、

みんなお尻が真っ黒になって帰って来る。

風呂に親たちと入るとお尻がみんな真っ黒!

健太にとってはみんなの真っ黒なお尻が面白かったんだけど、

本人たちは意外と気ずかなかったみたい、、(笑)。

あれから75年、

今の東京は「本当にそんなことがあったの?」

って、誰も信じられないほどの近代都市になっている。

また「極上の柔らかいトイレット・ペーパー」、

そして「羽のようにフンワリとしたティッシュ」が何処の家にもあって、

惜しげもなく使っては棄て使っては棄て、

本当に恵まれていると思います。

まして芋のしっぽばかり食べていたあの頃から考えると、

まるで王様のような食卓を前に毎日たらふく食べられる現代!

こんな状況には「感謝、感謝、感謝!」

感謝なくして毎日を過ごすことは出来ません、、。

王様のような食卓!” への14件のフィードバック

  1. 健太さん、おはようございます。

    爺は戦後の生まれですが、全くその通りのことをよく聞かされた。一次ベビーブーマーの爺、戦後どさくさ状態で職もなく食べ物もない時代、産めよ増やせよとの号令ものかどうかわかりませんが、後の競争社会を担う一員として世に送り出されたわけです。今過去を思うと色々な事が想い出されますが、幸せに過ごす事が出来ていることに感謝の日々です。

    昨日、JTBへ行き温泉の申し込みをしてきましたが、ハワイが入国規制を一部解除し観光客を受け入れるようですが、旅行代理店ではツアー開始までは未だ時間が掛かりそうな話をされてました。航空会社各社の定期便回復スケジュールが確認出来ないと臨時便(チケット販売)だけのようです。ハワイでは欧州も解禁したいようですが、第三波が起こっている状態では無理の様な気がしますね。ハワイ各島で規制がまちまちのようですが、早くコロナの封じ込めを期待したいですね。

    経済では、世界の工場化推進の中国が独り勝ち状態、消費活動にも勢いが出てますね!今後、世界への影響力増強に不安と懸念が頭をもたげます。

    いいね

  2. takashiさん情報でハワイ解禁なんでしょうか(嬉)、元日便予約してるんですが運行するのかどうか。 エバ15番ショート、高架鉄道の新駅有難うございます。 85インチのソニー、当家42インチの4個分、誰が買うのかなー? 1997年にウイーンに赴任したらアパートのトイレットペーパーがガサガサ、東欧みたいなんだと思ったものです。 家内の古希でお店予約、go to イート東京はまだ使えない、差別かな。

    いいね

  3. 確か、今年の3月末ごろだったと思いますが、既に世の中が自粛ムードに突入仕掛けていたにも関わらず、私は行きつけ呑み屋で、仲間達と深夜まで楽しく談笑しておりました(^O^☆♪。
    そしたら、テレビで評論家の田原総一郎が「私のこれまでの人生でこれ(新型コロナ禍のこと)程までに衝撃的な出来事はない。」と発言してました。すると、私の呑み仲間の最年長者である90歳のF氏が少し憤慨して
    「コイツ(田原総一郎のこと)も一応、戦時下を経験してるんだから、こんないい加減な発言はすべきでない❗️何も知らない人の恐怖感を煽るだけだ❗️」
    と云いました(O_O)。
    F氏は普段は温厚で助平な紳士で、戦争体験談も滅多にしない(女の子に嫌われるのでw)のですが、私が知ってる範囲ではF氏は終戦の年には熊谷の軍用機工場に動員されていて、ピンポイント空襲は日常茶飯事で、高射砲によって撃墜された米軍機が同じ敷地内の別棟の屋根を突き破るのも目撃しているそうです(°▽°)。
    田原総一郎も昭和9年生まれなので戦中、戦後の様子は記憶している筈です(*☻-☻*)。だから、F氏は”テレビ用に大袈裟なことを云うな!もし、今が戦時下なら、こんな流感騒ぎでいちいち慌てることはしないだろ?”
    というような事を云いたかったのではないかと推察しました=(^.^)=。4年前に99歳で亡くなった私の祖母も晩年は物忘れが酷かったのに戦時中の事、特に終戦の日の事は克明に記憶していて、何十回も同じ話を聞かされました(≧∀≦)。
    今また新型コロナの第二波で騒ぎ始めつつありますが、これは”新型コロナで騒げる程、世の中が平和”だということかもしれません(#^.^#)。
    安倍前首相が自宅で優雅に紅茶を啜る動画をYouTubeにアップして”自粛推進”した時も多くの国民は”本当の一大事、例えば東日本大震災の直後にこんな動画載せてたら、翌日辞任が必要なくらいの批判を受けてたんじゃないか?”と思いました(๑>◡<๑)。
    確かに、自分の意思に反して、法律や国の方針には従わなければならないケースもありますが、"新型コロナ程度で大騒ぎするのは世界が平和な証拠"と思えば良いのでは?と最近思うようになりました(╹◡╹)。
    でないと、今後、戦争や火山大噴火、隕石衝突など新型コロナとは比較にならない大惨事が起きた時、
    健太さんたちと違って戦争を全く知らない私の世代は只呆然とするだけで何にも行動出来ないと思います(о´∀`о)。
    なので、不謹慎かもしれませんが、私はそれ程に新型コロナを警戒してません。それは軽視するからではなく、"この程度の事件で動揺してはいけない"という考え方なのです\(^o^)/。

    余談ですが、戦時中、戦後を全く知らない私が最も実感した文章を紹介します。阿佐田哲也氏の不朽の名作『麻雀放浪記』の書出です。中学2年生の時に読んで衝撃を受けました。私にとっては今に至るまでどんな映像、写真よりも"リアル終戦直後"を彷彿させる文章です。

    "もはやお忘れであろう。或いは、ごくありきたりの常識としてしかご存じない方も多かろう。が、試みに東京の舗装道路を、どこといわず掘ってみれば、確実に、ドス黒い焼土がすぐさま現れてくるはずである。
     つい二十年あまり前、東京が見渡す限りの焼け野原と化したことがあった。当時、上野の山に立って東を見ると、国際劇場がありありと見えたし、南を見れば都心のビル街の外殻が手に取るように望めた。つまり、その間にほとんど何もなかったのだ。"

    如何ですか?

    いいね

  4. Takashiさん

    今晩は!
    確かにTakashiさんの年代もまだ戦後を引きずっていて、
    大変な時期を過ごしてきたと思います。
    しかしあの頃のことを思えば、
    多少の苦労はいとわない精神力は五体にしっかりと息づいていますね!
    同時に、幸せとか感謝とかについて、
    多少は語る事が出来るんじゃないかと思います。
    羨まし~い!やっぱり温泉行くんですね、、。
    温泉旅館で大様の食卓、
    健太の分まで大いに満喫してきてください、、(笑)。
    アメリカ本土からはだいぶ観光客が到着し始めています。
    一日も早く日本からの観光も再開して欲しいです!

    タロッペいたばしさん

    そう言えば来年は元旦到着の予定でしたね!
    ウーム、今のところ果たしてOkになるかどうか微妙なところです、、。
    悲しいことにハワイでは42インチだと200ドル一寸で購入できます、、涙。
    ハワイのTV はどんどん大型TVに推移しています。
    それでもこのソニーの85インチTVは我が家には大きすぎます、、(笑)。
    Go To イートは東京はダメなんですか?
    それは差別じゃないでしょうか、、怒。

    Takebeさん

    正に田原氏の一言、戦時下を経験している彼としてはとんでもないですね!
    今のコロナ騒ぎなど比較にならない時代でした。
    恐らく今時の若者には想像を絶する世界だったと思います。
    ははは、、F 氏は90歳でスケベオヤジなんですか?
    うーむ、さすがの健太も負けそうです、、(笑)。
    Takebe さんのお婆ちゃん、99歳まで生きてたんですね、凄い!
    健太も負けてはいられません、、(笑)。
    阿佐田哲也氏のことは知っていましたが、
    そんなことを書いていたんですね。
    健太が見た光景は、まったくそのままでした!
    女の子に嫌われようが、
    健太はあの時代のことを全日本の人たちが、
    もう一度しっかり復習しておくべきだと思っています。
    それは、
    「俺たちはこんなに苦労したんだぞ!」
    と言う意味ではなく、
    現代人が恵まれていることに感謝できる精神を持ってほしいと言うことです。
    極論すれば、
    縄文時代は毎朝川まで行って水を汲んで来なければならなかったでしょう。
    それは大変な仕事で、
    当時の大人も子供も大きな甕を持って水を汲みに行ったと思います。
    蛇口をひねれば水が出る現代はまるで天国じゃないですか!
    とりもなおさず現代社会は先人たちの努力の賜物ですよね?
    そう考えると、
    今あるすべての物、自分の恵まれた境遇に感謝の念が生まれます。
    何故それが必要かと言えば、
    そうした「有難さ」に感謝できれば、
    多少のことは乗り越えられる「力」が備わるのです!
    なんだか宗教的になってしまったかな、、。
    健太は宗教には興味がありませんが、
    世の中には科学で証明できないこと「理屈で割り切れないこと」がゴマンとあります。
    それが何なのか?
    最近分かったような気がします!
    我々の生活次元、マクロの世界ではとても想像できないことが、
    量子の世界では幾らでも起きています。
    量子については既に色々ご存じのことと思いますが、一部復習すると、
    量子は物を貫通します。
    また一対の量子を夫々遠くに離して、例えば地球と火星にそれぞれ置いたとします。
    そこで地球上の量子に何らかの変化を与えると、
    瞬時に火星の量子の方にもそれがに伝わります。
    それが互いにどんなに遠く離ている、
    海王星に置いても冥王星に置いてもその現象は瞬時に現れます。
    つまりその伝番速度は光より早い!
    そんなことはマクロの世界では決して考えられないことですが、
    現実にそんなことが量子の世界では起きています。
    だから、我々の思考の微細な電流(量子?)が、
    ひょっとして何らかの形で量子に影響を与えて、
    マクロの世界では考えられない何かが起きる、、。
    そんなことを考えていると、
    とても楽しくなりますね、、(笑)。

    いいね

  5. 健太さん

    しみじみと健太さんの年齢敬服しています。
    私は戦後1948年生まれの第一ベビーブーマーです。
    年齢差を改めて認識しながら健太さんとお付き合いをさせて頂ことに感謝しています。
    日本が現在の繁栄を享受している最大の貢献者はマッカーサー及びアメリカですです。
    彼がいなければ日本は南北に分割され朝鮮と同じ運命に成り下がっていた可能性が高いです。
    軍事費を全く負担しないで全てアメリカにおんぶにだっここれのおかげで日本の経済成長が大いに加速された事は明らかです。今頃になって戦争は嫌だ自衛隊はいらない軍備は不要中国と朝鮮と仲良くしようこれは1部の赤い巨塔と言われる学術研究者の戯言です。
    戦後75年も経って軍事研究を全く否定する人たち何を考えているのか分かりません。この人たちに乗せられている野党の人たち及び単に戦争が嫌いと言う愚かな日本人今こそ排除するべきです。
    ただしこのことを口に出して世間で話をすると大いに嫌われます。やはり日本は平和と言う同調圧力が強く戦争と言う二文字に単なる拒否反応をj感じている人が多いのでしょう。
    戦後75年も経ち日本もそろそろ独り立ちをして大人にならなくてはなりません。内閣総理大臣は日本の学術研究に対して口出しをすることができないと言う事はおかしなことです。
    日本学術会議と言うのはいつまで日本政府のお金を使って独り立ちできない団体でいるのでしょうか?
    そろそろ民間のお金を使って独り立ちするべき時期では無いのでしょうか。
    日本政府の方針に公に反対を唱える人を国のお金で公務員として雇用すると言うのはおかしな話です。開業もし自由に発言をしたければ政府のお金を使わないですべて民間で行うべきです。
    海外に住む私たちから見ると日本の常識は非常識にしか見えません。自衛権と言うのはどこの国も与えられており自分の国を守るためには先制攻撃もやむを得ないと言う考え方は現在の時代にやむを得ない考え方では無いのでしょうか。
    私は本日左心耳閉鎖手術を行ったばかりです。(入院中明日退院予定)
    日本ではこの手術の名医が東京にいますが残念ながらすぐにお世話になると言うことも叶わないようなので米国で手術を行いました。これにより心房細動がある患者の脳梗塞をかなりの確率で予防することが可能になります。日本で行う通常の健康診断ではなかなか見つかりにくいのが心房細動です、うこのため有名人がかなり脳梗塞で倒れるということが頻繁に起きています。
    Apple Watchを購入して定期的に心房細動のチェックを行うことをお勧めします。
    もし心房細動を見つけることができたら50,000円の投資も高いものではないと思います。
    私はアップルのヘビーユーザーですが決してApple社の回し者ではありません。

    いいね

  6. oyajihawaiiさん

    今日退院されたんですね!
    手術経過が良好であることを祈ります。
    と言ってもOyajiさんはそうした事には非常に強く、
    何時も克服しているので、心配はしてません、、(笑)。

    我々の年齢差はたった7年ですが、あの頃の7年は激動の7年で、
    目まぐるしく日本が変化を遂げていった時期でもありました。
    トンマの頃には(Oyajiさんよりちょっと下)トイレットペーパーは、
    粗悪品と言えどもそれらしいものがあったと言っています。
    マッカーサーについては、
    今時の若者たちの中にはあまり良く思っていない連中もいるようですが、
    マッカーサーがいなかったら現在の日本はあり得なかったでしょう。
    マッカーサーは日本と戦って日本人の真摯な人生観や、
    男たちの持つ「侍魂」に感銘していたそうです。
    そんな経験から、
    壊滅的だった戦後の日本国土を日本の市民を、
    何とかして立ち直らせようと彼なりの努力を精一杯したようで、
    返って米国内からは「あまりにも日本びいきだ!」と批判されました。
    この前はトランプさんの話をしましたが、つくづく思います、、。
    時代は何時も「その時代に必要な人間」を生み出すんですね!
    驚くのは、日本にはいまだに「話合えばばきっとわかってもらえる!」などと、
    お花畑政治家や市民がいる事です。
    そんな発想の相手には「自国を自力で守る!」など言っても通じる筈がありません。
    政治のトップは常に世界の状況を目の当たりにしていて、
    世界情勢に敏感です。
    最前線にいるわけで、
    その連中が「危険だ!」と感じればそれなりの行動をとらねばなりません。
    しかし政治に守られている市民はお花畑で、その危険性をまるで察知せず、
    「防衛費増額!」などと言っても何のことだか分からないのです。
    街に出ると周りの者たちが、
    自分を狙ってナイフを持ってうろついているようだったら、
    それなりに自分も身構えなくてはなりませんし、
    時にはナイフより殺傷力のあるものを持って外出しなければなりません。
    Oyajiさんや健太たちのようにこうして海外にいると、
    「自分の身は自分で守る!」と言う発想は当たり前の事ですが、
    日本人の中にはそんな感覚が分らない人たちが大勢いるんだと思います。

    ところで、Oyajiさんがアップルの回し者だってことは、
    以前から良く知っています、、(笑)。

    いいね

  7. oyaji さん 無事退院、同慶の至り、引き続き御自愛専一に🙏
    ご高説には全く同感‼️ 一点異論、其れは進駐軍の 日本男児
    去勢 インタマを抜く中性化政策です、現在 其れは成功しました。
    此れを是正するのは、陸海空の正式建軍です。 加えて何度も
    言いますが 徴兵制度即復活です。 義務教育での柔剣道武術の
    必須化は日本人として、勿論常識です。

    いいね

  8. PS
    安全保障のただ乗り認めない」米国防長官、日本などに防衛費増
    を重ねて要請 (新聞記事)

    平和ボケの終わり、米国も 抱っこにおんぶ はもう体力的に
    出来ません。

    いいね

  9. 健太さん、こんにちは

    この年になると戦後の復興速度が驚異的だったんだなとしみじみ感じます。
    若いころの時間の感覚だとそれほど違和感はなかったのですが、自分の人生の進み方に照らすとビックリですね。
    世の中、皆さん頑張ってるんだなと改めて思いました。
    ちょっと反省しています。

    それにしても、世の中、混沌としてきましたね。
    あまり良い表現ではありませんが、面白くなってきたなという気もしています。
    どのみち避けられない流れでしたから。
    そんななか、花札大統領、武力衝突のような戦争をせずに、どうにかすませてきたことは大きく評価されて良いことだと思います。
    中国や日本の古典に出でてくる軍師、指導者に照らすと非常に優秀という評価になると思います。
    日頃、戦争ハンターイと喚いている連中は、この件に全然触れませんね。
    最近の武力を伴う戦争、紛争は物資を大量消費することが目的化していてほとんど問題解決に繋がってないように思います。
    花札さんは、その辺りを良くおわかりなのかなと感じています。
    でも、2期目はどうでしょうね。
    茹でガエルが暴れ出したらガツンと行かざるを得ないかもしれません。
    そこは情けない話ですが、日本に限らず世界がアメリカ頼み。
    メリケンの皆さんは大変です。

    それにしても、コロナ、止まらないですね。
    日本は落ち着いて来ているように見えますが、寒くなって屋内で活動する時間が増えてくるとどうなるか予想はつきません。
    今くらいの状況で冬を乗り切れば来春にはコロナ前の状況にだいぶ戻るんだろうと思っていますが、問題は海外です。
    欧米はインフル激減しているのにコロナ由来とみられる超過死亡が相当な数値で確認されてるのにマスクはしないし、デモはするしじゃあどうしようもない感じがします。
    ハワイはその中では優等生だったのにメインランドから持ち込まれそうで心配です。
    日本人観光客の渡ハは、これでだいぶ遠のいてしまいました。
    残念です。

    こちらは随分長く雨模様でしたが,今日は久々に晴れました。
    この秋はカラッと晴れた日が全然ないんですよ。
    今年は天気もおかしかったです。

    いいね

  10. チャンコロナ の功罪ですが、少々調子に乗りすぎていた
    人類に, 総て リセット Reset させたのではないでしょうか⁉️
    吉と出るか凶と出るか…

    いいね

  11. Tedさん
    マッカーサーは進駐軍の中性化政策や日本国憲法及びWar Guilt Programなどは5-10年もすれば日本人は新たに自分たちの考えに目覚め変更を加えて発展していくと予想していたのではないかと思います。
    ところがびっくりすることにテキトーに作った日本国憲法を金科玉条のように一字一句変えないで75年間も守り続けるとは流石のマッカーサーも予期していなかったのでは。
    私はこれらの目覚めを妨害した張本人は赤く染まった政治家や学者の赤い巨塔軍団だと考えています。
    今後日本の技術を発展させるためにも官民総出で軍需、民需の隔たりをなくして邁進するべきです。
    例えば新明和(旧川西)の飛行艇などはどんどん輸出すべき世界に誇る技術です。
    トランプの当選を期待してそろそろ日本に帰ろうかなと考えています。

    いいね

  12. Tedさん

    思いやり予算などと言ってますが、ちょっと違うような気がします。
    日本を守ってくれている米兵の給料を払うのは当たり前、
    元来日本人が日本を守らなければならないのに、
    何でアメリカ人が命を張って日本を守らなければならないのでしょうか、、。
    どう考えても理屈が合いません。
    アメリカが極東地区の安定を必要としたのは過去の話です。
    今はアメリカ・ファーストなんだと思います。
    そうそう!おっしゃる通り、コロナは調子に乗りすぎた人類へのお灸、、
    だったのではないでしょうか、、。

    ダイアルはM@愛鴨さん

    確かに年齢とともに時間感覚が変わってきますね!
    現在の韓国の発展は日本がなければなしえませんでした。それと同じように、
    日本の繁栄はアメリカが無ければ決してなしえませんでした。
    その発展の道筋が作くれたのは、何といってもマッカーサーの力が大きかったと思います。
    何時の時代も、その時代が人を生みます。
    その時代時代に必要な人物がおのずと出てくるのです。
    トランプさんは正にこのポイントの為に出てきた人ですが、
    ひょっとするともうその役目は終ったかも知れません、、涙。
    ここらでガツンとやれる人が必要になってきているかもしれませんね。
    それが誰なのかはわかりませんが、、。
    そう考えるとこのコロナも、
    来るべきして来た、、のではないでしょうか!
    この先大きく世の中は変化します。
    それはまるで戦後の混乱時期にも似て、
    裸一貫から成功者が生まれると言ったような、
    万人にとって千歳一遇のチャンスかもしれません!
    ダイヤルさんも、上手く立ち回ればひょっとして、、(笑)。
    ハワイはすでに限界に来ています。
    このままではハワイは崩壊します。
    イゲ知事も住民の悲壮な叫び声に、
    耳を塞げなかったんだと思います。
    優等生は永遠にあらず、、です、、涙。

    Oyajihawaiiさん

    まったく同感です!
    今回問題になった「日本学術会議」なども、
    そう言ったものの名残でしょう。
    世間が騒げば騒ぐほど、
    彼らの必要性が疑問視されてきます。
    えっ?
    そろそろ日本に帰ろうと思ってるんですか!

    いいね

  13. 思いやり予算、これは時の 日本政府及び新聞/マスゴミ
    による造語です。 米国政府も正式に抗議して、勿論
    使っていません。
    理由は: 健太さんの御説明の通りです‼️
    思いやり、では無く、勝手な 思い上がり です。

    でも日本人て、本当に ノー天気の平和ボケ👎です。

    いいね

  14. Tedさん

    いつになったら日本は目覚めてくれるのでしょう、、。
    いろんな意味で日本は世界トップクラスの国家だと思いますが、
    問題があるとすればそこですね!
    自分の身を自分で守らないで、
    いったい誰が守ってくれると思っているのでしょうか、、、。
    ちょっと考えればすぐわかることなのに。
    今や日本はまさに四面楚歌だと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中