天国に行く前の天国!

健太家・北側に出た虹。

ゴルフ場の虹!

うろこ雲と、かすかな虹!

ワイルダー通りの虹!

雨にけむる虹、、、。

薄くダブルの虹!!

めちゃ低い虹!

ダイアモンドヘッド様にかかる虹。

ピンクのトリプラー・ホスピタルにかかる虹!!

ほぼ中央のヤシの木2本がタンタラスです!

ピイコイ通りに出た虹。

H-1フリーウェー・イーストの虹。向こうにパンチボールが見えます

同じくH-1フリーウェー・イースト。同じく向こうにパンチボールが、、、。

カリヒの奥の山に出た虹。

H-1フリーウェー・イースト、パールリッジ近辺。

**********

ハワイの良さは何といってもこの気候だ!

世界にはたくさんの素晴らしい気候の国々があるだろうけど、

ハワイの良さはひょっとして世界一じゃないかなあ、、。

一年中暖かくて空気が澄んでいて、

その空気がカラっとしてる。

その「カラっと具合」はちょうど日本の秋のようで、

肌にあたるその空気の感触が実に心地よい。

それと、何といっても空気が美味い!

太平洋のど真ん中にあるハワイ、

人間が作り出した汚い空気は、

貿易風があっという間に吹き飛ばしてくれので、

ハワイの空気は四六時中新鮮なのです。

たまにハワイを離れてホノルルの空港に戻ってきて驚くのは、

ハワイの空気がとても良いにおいがすることだ。

そう、ハワイの空気は花の香りがする!

一年中咲き乱れるたくさんの花々は、

見る者の心を癒してくれるばかりか、

そうしてあたりの空気に、

さわやかな香りをブレンドしてくれるのだ。

極めつきは毎日でも見れるこの大空の祭典、

レエインボー・ショーです!

太平洋が運ぶちょっとしたシャワーが、

この美しい青空をさらに虹が彩ってくれるのです!

健太はゆくゆく天国に行くつもりですが、

なんだか天国に行く前にすでに、

天国にいるような気分です、、(笑)。

天国に行く前の天国!” への10件のフィードバック

  1. 健太さんこんにちは^_^。

    ちょうどこの前、”ハワイから連想するワード”なるものを見ましたので、その結果で覚えてるものを列記しますね(^。^)。
    ・アロハシャツ
・ワイキキ
・海 
・砂浜 
・フラ 
・サーフィン 
・ヤシの木 
・太陽 
・ウクレレ
    ・パンケーキ
    ・ハイブランド
    ・マカダミアナッツ
    ・ハネムーン
    などでした。
    因みに私がイメージした
    パイナップル、ゴルフ場、真珠湾は番外でした(//∇//)。
    意外にも虹も入ってなかったし、火山(これはビッグアイランド限定?)も入ってませんし、勿論トリスも番外でした( ̄▽ ̄)。
    こういうアンケート形式の調査はある程度の数を集めない場合、限定された対象だけによる結果の場合があります(^O^)。
    恐らく、パンケーキやハイブランドなんて私なら100以上回答しても出てこないですね(≧∀≦)。
    多分、ヒアリング対象は若い女性が多かったのでは?と思います=(^.^)=。
    だとしたら、ゴルフ場、真珠湾は出てこないかなーw。
    でも、虹が上位に来ないのは不思議ですね(#^.^#)。
    それでもついでに虹の発生条件を調べてみると、
    “空気中にある水分と光が交わるところに発生”
    ですので、squallが多いところでよく発生するようですね(*⁰▿⁰*)。
    また、ハワイ諸島でsquallが多いのはオアフ島ではハレイワ、ワイアルア、モクレイア、マウイ島ではカアナパリ、カパルアで何も北東部でした(*☻-☻*)。
    確かに、ハイブランドショップやオシャレなパンケーキ店のある場所からは離れてますね(^_-)。
    まぁ、そもそも外に出て空を見なければ、虹は見えないのでパンケーキやハイブランドとは対極にあるのかもしれませんね(๑>◡<๑)。
    因みに1963年が初渡ハの母に"ハワイからイメージするキイワード"を訊いてみると、答は"プレートランチ(特にショートリブの)"でした(*'ω'*)。(w狂牛病以降は日本国内では骨付カルビは減ったので)意外にも納得できる回答でした(^O^)。

    いいね

  2. Takebeさん

    今日は!
    確かにこうしたアンケートなどはいったい誰を対象にしたか、
    どの地域で実施したか、、その条件によって結果が違ってくるので、
    あまりあてになりません。
    マスコミによっては自分たちの都合などで、
    色眼鏡をかけて調査する場合もありますからね。
    おっしゃる通りパンケーキやハイブランド、、
    いったい誰がそんな答えを出したんでしょうね、、。
    火山や花などが入っていないのは理解に苦しみます、、、。
    真珠湾が入っていないのは調査した年齢層にもあると思います。
    健太の感覚ではsquallはハワイ中どこでも発生していると思っています。
    何しろ太平洋のど真ん中の島ですから、、。
    ははは、、、お母様の回答は結構健太と同じかもしれません。
    初めてハワイで食べたプレートランチは、
    当時の健太たちにとっては衝撃的でした!
    日本では当時最高級食材の「ビーフ」が、
    照り焼きビーフとしてたっぷりプレートランチに入ってました!
    しかもジッピーズでした、、、(笑)。

    タロッペいたばしさん

    イメージとしては天国には「虹」がいつも掛かっている感じです、、(笑)。
    確かに若いときは物事の本質を見破る能力に欠けていますね!
    だから無茶も出来たんだと思いますが、
    若いころに今の健太の感覚があれば、
    きっと健太は今頃大成功していたと思います、、(笑)。

    いいね

  3. ハワイの良さは、椰子の木陰に
    あるベンチで プレートランチ(ビーフ照焼、マカロニサラダ 其れに
    ご飯) 、食後は 何とも言えぬ
    微風に吹かれ チョット昼寝👍

    パオ ハナ〜 仕事が終われば
    プリモビール🍺 皆笑顔なんだ、
    アロ〜ハ 👌‼️

    いいね

  4. Tedさん

    椰子の木陰でプレートランチを食べた後昼寝!
    最高の贅沢ですね。
    当時はビールと言えば「プリモ」
    当時はプリモが最高出した。
    今考えると果たして美味しいビールだったのか、
    はなはだ疑問ですが、
    ハワイを盛り上げてくれるには最高のビールでした!
    プリモは一時再発売されていましたが、いまはどうなんでしょうか、、、。
    健太はビールを飲むのやめたのでわかりません、、汗。

    いいね

  5. 健太さん、我々の時代の ハワイ
    プレートランチのビーフ照焼は
    日系風味付けでした。 
    (鮮人のカルビ類では無かった)
    安南人のホー 、支那そば紛い
    も無かった。
    カリヒにはシリッピン食堂も
    あったが、常にマイナーリーグ
    でした。
    ロコモコ、ハンバーグにグレイビーをぶっ掛けた、車夫馬丁の食い物、ひどいね〜 😢

    いいね

  6. ハワイは間違いなく天国です。
    ニューカレドニアを「天国に一番近い島」と書いた女流作家さんが居ました。
    しかし、アンタ、天国に近いのはハワイだろう。
    オアフだけでも雨の表情、雲の表情、虹の表情、場所によってナンボでも変化する。
    他の島に渡れば山の表情もさらに変わる、火山もある、鳥も動物も、と数え挙げればハワイに勝る場所はないでしょう。

    ただ、物価が、ねぇ。
    このところの為替レートと物価上昇の相乗で「ハワイは高い!」のイメージが定着しました。
    知り合いのハワイ大好き女性はハワイに行く時、パスタの麺、レトルトソースなどを全て日本から持って行くそうです。
    「え?それで毎日スパゲッティなの?」
    「そうよ。プレートランチなんて高くて食べられないもの」

    それでも彼女はハワイを目指す。
    なんてすばらしい島なんでしょう!

    今なら
    「お食事でもご一緒にいかがですか」で「OLさんホイホイ」が出来るかな。
    「カネならあるよ」と小声で囁けば鬼に金棒だ!

    いいね

  7. ゆぶぶさん

    いや~、ハワイ人としては有難いコメントです。
    有難うございます。
    おっしゃる通り、
    最近は円高もあって、
    ただでさえ高いのにさらに日本人にとってはハワイの物価は脅威ですよね。
    食品は出来るだけ日本から持ってくる方が良いと思います。
    健太が好きで買っていた「パールス」のプレートランチは遂に20ドルを越えました!
    プレートランチに3000円近くなんて払えませんよね、、。
    最も量が多いし、年よりなので健太はトンマとシェアーして食べます。
    しかしプレートランチと言うからには、
    せめて一人1000以下にしてほしいですね!
    なるほど!
    今ならOLさんハントには絶好の条件がそろているハワイかも知れません、、。
    そういえば、
    最近ハワイで「ゴキブリHOY、HOY」がめちゃ売れてます、、(笑)。

    Tedさん

    得意技で行けると思いますよ、、(笑)・

    いいね

  8. Tedさん

    ごめん、見逃してました。
    我々の時代はおっしゃる通り、
    味付けは日系人的味付けでした。
    本物の照り焼きビーフです!
    もともと韓国には今のようなカルビの味付けはなく、
    日本の照り焼きを模倣したものに現在なっています。
    以前韓国の娘と付き合っていた頃(1970年後半)、
    彼女に健太が日本風照り焼きビーフを作りました。
    そうしたら彼女の反応が、
    「この味は韓国にはない!」と言って喜んで食べていました。
    今はその日本の味を真似て、
    完全にカルビやプルコギは日本の照り焼き味になっています。
    おっしゃる通り、
    ロコモコはあまり品のある食べ物とは思えません。
    ある日突然ハワイに出て来てきたのです、、。
    多分あれは1980年後半からだと思います。
    もしかしたら昔からハワイの牧場などで食べられていたものが、
    表面に出てきたのかもしれません、、。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中