精神力で壁を!

そしてまた虹が。虹の街ホノルルですから、、、。

クック・ストリートに移転したブック・オフに行ってみました!
キングのニールブレジデル・コンサートホール。
何度も載せてますが、ホノルルの健太お気に入り景色の一つ
健太と金の木。木の葉が絨毯のように落ちていて美しい!
ハワイ・コロナ情報、ハワイ報知電子版より。ワクチンの効果が感じられます、、。
全米プロゴルフ選手権で優勝したフィル・ミケルソン!

「黙れ、この青二才!」

そんな言葉がミケルソンの口から聞こえそうな今回の彼のプレーだった。

全米プロゴルフ選手権で50歳と11か月の優勝、

メージャー大会で最年長優勝記録だそうだ。

ご存知の通り、

健太はタイガーの大ファン。

一時このミケルソンとタイガーの仲が余り宜しくなかった。

ミケルソンは若い頃タイガーを目の敵にしていて、

時々マスコミでタイガーに文句を言う場面もしばしば、

そんな映像を見て健太はミケルソンを好きになれなかった。

それが、

ある時を境に急にミケルソンの口から

タイガーについて優しい言葉が聞けるようになった。

「タイガーのお陰でゴルフ業界が飛躍的に伸びた

タイガー有難う!」

あの言葉以降、

健太はじっとミケルソンのプレー姿を追うようになった。

まず感心したのは、

彼はたとえどんな小さな試合でもスケジュールが許す限り出場していた。

プロゴルファーはある意味で重労働だ。

1日2万歩、

週4日間 (予選通過すれば)トータル8万歩は最低歩く。

実際はプロアマや練習ラウンドが入って5日間ってことになる。

にもかかわらず毎週と言っていいくらい、

ミケルソンはトーナメントに参加していたのだ。

彼くらいになれば金には困らない。

かつてのニクラウスやパーマーのように、

のんびり試合を選んで出たい試合だけ出ていれば十分なはず。

しかし彼は、

「試合に出ることがプロゴルファーであることの証!」

とばかり、

何週間も続けて出場することが多いのだ。

そして出る試合で予選落ちしようが、優勝しようが、

何時も謙虚でその態度は変わらない。

アメリカPGA も若者の台頭でコースの距離も長くなって、

年寄りはどんどん活躍しにくくなっている。

しかし彼はへこたれなかった。

今回、

彼の一打一打スイングを見ていて、

彼の心の言葉が聞こえるような気がした!

「黙れ、青二才!

お前らだけの地球じゃないんだぞ!」

実は本来ミケルソンは、

今回この「全米プロ」の出場権がなかった。

しかし長年のPGAの功労者として(?)特別枠で出場できたのだ。

つまり、

本来なら出場していない筈の「味噌っかす出場!」ってやつ、、。

その「味噌っかす」が優勝しちゃったんだよね!!

その出場権をお涙頂戴で出る事になった時、

彼は恐らく心に誓ったに違いない。

「何が何でも勝ってやるぞ!」

ってね。

でもこういう時何時も健太は考えてしまうのです、、。

「果たして、

人間は精神力で大きな壁を乗り越える事が出来るのだろうか、、?」

ちなみに日本の松山英樹選手は3日目途中まで2位に位置していたけど、

その後半大たたきをして優勝戦線から脱落してしまいました。

残り物に福!

さっき裏山に出た虹!
空港周辺のH-1フリーウェー!
やってるやってる、捕まるもんか、、(笑)。
カリヒとN・キング交差点!昔はカリヒと言えば怖い地区でした、、。
Tedさんのタオルではありません。ユナイ、、、です、、(笑)。
今回は5日間ためておきました!
文ちゃんこと菅原文太さん
真ちゃん、こと三上真一郎さん!
無我ちゃん、こと竹脇無我さん。
そしてこの度亡くなった正和こと田村正和さん、、。

今日は有名な俳優さん4名の写真を載せて頂きました。

この4名、

誰を欠いても今日の健太は、、なかったかも知れない。

ご存知のように健太は昔松竹大船撮影所の俳優だった。

まるで売れない俳優で、

飢えた野良犬のように、

毎日撮影所内をうろついていた。

しかし、

折からビートルズのヒット曲が世界中に流れ始めて、

日本にもバンドブームが芽生えて来た。

そこでギターが弾けた健太がビートルズに続けとばかり、

撮影所内でバンドを作ったのだ!

そして一番最初のメンバーが、

真ちゃんこと三上真一郎さん。

真ちゃんは当時すでに松竹をしょって立つスター、

そこに、

後にトニーズのメンバーになる売れない俳優3名が加わった。

撮影所内でがしゃがしゃ音を出してたのでみんな集まって来た。

そこで更に集まって来たのが、

文ちゃん事、菅原文太さん。

文ちゃんも当時松竹では鳴かず飛ばずのまだ売れない俳優。

スチールギターとアンプを持って駆けつけて来た!!

更に、

無我ちゃんこと竹脇無我さんもドラムをたたきたいと言ってやって来た。

無我ちゃんは当時すでに売れていたので忙しく、

時々参加した程度。

そうこうするうちに、

正和 (2歳年下なので呼び捨て、、笑)こと、田村正和も「俺もいれてくれ!」

と言って入って来た。

勿論正和は親の七光りで当時から松竹も力を入れていた売れっ子俳優。

そんなこんなで、

撮影所内で半分雑音ともいえる音を皆で吐き出していた、、(笑)。

しかし幾らみんな音楽が好きだからと言ったって、

やっぱり本職は俳優、

結局最後に残ったのが後の「トニーズ」となる4人のメンバー、

って訳だ。

さて、

こうして振り返って見ると、

最近正和が亡くなってしまったので、

なんと健太のバンドのルーツともいえる4人の俳優さんが、

既にもうこの世にいない、、、。

こうなったら健太は、

彼らの分まで生きなければならないよね?

残り物に福、頑張ります、、、、(笑)。

正和、健やかに眠ってくれ。

南の空に流れ星!

アラモアナ・マジックアイランドからのダイアモンドヘッド様!
アップすると、、、
ケアロハ号が行く!
マジック・アイランド突端の岩場。
マジック・アイランドでカーナビを見るとこうなってます、、。
ワード・ウェアハウスの跡地にまたコンドが建つ。その一帯の完成予想図!
カスコのアイスクリーム、カップいっぱいだ。これで1ドル99セントは安い!
トンマがサンフランシスコからの帰り、D・イノウエ空港リーフ・ランウェーをパシャリ!
見えるゴルフ場は軍のヒッカム・ママラベイGC。
同じくサンフラン帰りのとんま撮影。残念ながら雲ばっかりでした、、(笑)。

おっかさんの命日なので、

アラモアナのマジック・アイランドに行ってきた。

かつて、

マジック・アイランドの突端で、

おっかさんの遺灰を少しばかり蒔かせて頂いたのだ。

ご多分に漏れずおっかさんはハワイが大好きだった。

特にアラモアナのマジック・アイランドはダイアモンドヘッド様が見えて、

大のお気に入り!

生前には何度も一緒に歩いたっけ、、。

そんな訳で健太とトンマは、

毎年命日にはマジック・アイランドに行ってるんだけど、

今回ばかりはつくづく、

自分がどんどんおっかさんが亡くなった年齢に近くなっていることを、

思い知らされた。

波が押し寄せるマジック・アイランドの突端の岩場!

以前は、

岩から岩へと身軽に飛び歩いて突端まで行ったけど、

今回は岩から岩へ飛ぶ健太の足取りが覚束なかったのだ。

お世辞にも身軽にポンポン等と行かなかった、、。

ご存知の通り、

ゴルフをやる時は一日2万歩近く平気で歩く健太!

健脚自慢ではあるんだけど、

今回ばかりは岩場を歩く頼りない自分の足取りにがっくり、、。

やっぱり人間の体は、

年齢どうりにできているんだよね、、、、。

ところでこれを書いている今、

トンマが南の夜空に「流れ星を見た!」って大騒ぎしてる。

生まれて初めて見たそうだ。

きっと良いことがあるよね、トンマ、、、(笑)。

でも不思議な事に、

トンマの見た「流れ星」は、

健太家のラナイの向こう、

つまり、

丁度「マジック・アイランド」の真上を通過したらしい、、。

ミニスカート姿の女!

ワイルダー通りに出たダブル・レインボー!
今ホノルルのああちこちで「金の木」が花盛りです!
ウェストロック・GCのクラブハウス。
一方パリ・GC9番グリーン、難コースです、、汗。
おなじみ、ベルタニアのマック!
そのマックの真向かいには「バーガーキング」が、、。どちらも何時も混んでいます。
シカゴ・ハイヤット・リージェンシーのスタバ・コーヒー。トンマからのお土産でした。美味い!
カスコのガソリン、レギュラー1ガロン (4リッター)3ドル40セント、ハイオク3ドル80セント
安いでしょ。でもハワイも最近ガソリンが大分上がってます、、汗。

トンマもスッチー人生大分長くなった、、。

勢い、フライト仲間もみんな結構な年齢になっている。

何時だったか、

ある女性のフライト仲間がこんな事を言っていたそうだ。

「車が交差点でエンコしちゃってさ、

本当に困っちゃって、

車の脇に立って誰かの助けを待ってたんだけど、

みんな『スイスイ』通り過ぎて行って、

誰もヘルプしようとしてくれないのよね。

本当に最近の人って冷たいわよね!

昔はレッカー車呼ぶ前に2台も3台も車が止まって、

みんなで助けてくれたのにさ!」

そこでトンマが彼女に尋ねた。

「昔って何時頃の話よ?」

「まあ、4、50年位前かな、、」

「ふーん、

でその時あなたはどんな格好ししてたの?」

「そりゃあ私もまだ若かったから、

ミニスカートなんか穿いてたわよ!」

「若い女性がミニスカート姿で、

交差点で車がエンコして困ってれば、

今でも 3,4台は車は止まってくれると思うけどなあ、、、」

ははは、、

多少は脚色してますが本当の話でした!

ラナイへ出てコーヒーのもうよ!

今朝は「ラナイへ出てコーヒー」飲みました!!
1430Koa St アラモアナSC裏のラーメン、「満一」。健太のカメラを構える手が、、、汗。
その隣のTast Tea!
同じくSweet Cream。どちらもやっと開くみたいです、、。
Tedさん今回は4日間でこの歩数。買物に寄らないと一日2万歩にはなりません、、。
健太のヒット曲(?)、「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」聞いて下さい。

今日は日曜日、

久しぶりにトンマと二人でラナイへ出てコーヒーを飲んだ。

何年か前のこと、

ある朝とんまに「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」

って言って、

ご覧のようにダイアモンドヘッド様を見ながら朝食を取った。

その時の感動が忘れられないで、

どうしても歌にしたくて出来たのが、

ご覧いただいている「You Tube」の、

「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」

でした。

この歌の中にある「詩」の一部は、

ここにコメントを時々下さる「Oyajihawaii」さんから頂いたもの。

「忘れないでね 今日は残りの人生の 最初の一日」

って言うくだりです。

Oyajiさんから頂いた原文は、

Today is a first day of the rest of your life (だったかな、、?).

という英語でした。

とてもいい言葉なので即歌の中に入れたって言う訳です。

で、

この歌が出来てもう何年も経つんだけど、

最近になってOyajiさんから頂いた言葉の「日本語訳」が、

ちょっと違ったと思うようになったのです。

「今日は残りの人生の 最初の一日」

ではなく、

「今日は新しい人生の 最初の一日」

とすべきだったんじゃないかなあ、、。

「今日から新しい人生だから、

一日一日を夢を持って大切に生きよう!」

って感じになってずっと良かったと思うのです、、。

負けるな!

ケアモク通りも一寸趣が変わってきました、、。
ウェストロック6番ホール、満開のプルメリア!!
コースのマンゴの木からまだたくさんマンゴの実が落ちてきます!
地鶏のヒヨコはどんどん育ってますが、野良犬の標的になっていてとても危険な状態です!
アラモアナ・ブルバード。信号はワードとの交差点!
空港近辺のH-1フリーウェー。
ここで、、、
ばっちり直してもらいました!安かったのでほっとしています、、。

お陰様でPC でのワードプレスが無事復活しました。

ご迷惑をおかけしました。

また割られた車の窓ガラスも、

無事直りました。

ご心配おかけしました。。

前回はベンツだったので1200ドル取られましたが、

今回はレクサスなので半額以下でしっかり直せました。

今、

物事がスムーズに流れて行っているので、

良い事の前兆だと思います。

ハワイに宝くじがあれば買っておくのですが、、(笑)。。

そう!

物事には必ず流れがあって、

悪い方向に動き出すとどんどん奈落の底へ落ち込んでゆくけど、

一旦良い方向に物事が動き出せば、

どんどん回復に向かってゆくものです。

なんせ人生80年の健太、

沢山の経験でそうしたことをこの体で感じるのです。

思えば本当に沢山の失敗をしてきました。

その度に、

勉強させられました。

ある時は「勉強(失敗)」ばかりさせられて、

一向に前進できない時もありました。

でもそんな時も、

決して諦めてははいけません!

何時しか必ず物事は上向きになってくれます。

溺れそうになったら、

一旦川底迄自ら沈んで行って、

思いっきりその川底を蹴って水面に浮上するのです。

そう、

川底は自分の足で蹴っ飛ばして浮上するのです。

大切なのは「自分の力で蹴る!!」こと、

負けるな!

英語として通じそうだ!

今日のハワイの空!
健太家のラナイからみたワイルダー通り。
ラナイから見たダイアモンドヘッド様。
ラナイから見たH-1フリーウェー。
ラナイから見た途切れ途切れのパシフィック・オーシャン!
買い物はカスコへ!

おっと、ラナイからシリーズ、ターストン・ストリートを忘れてました。

ワードプレスのデスクトップからのアップが出来ないので、

今日はipodからアップしています。

iPodからのアップだとコンデジからの写真が載せ難いのが悔しいです、、。

しかし、

写真はiPhoneからのものなので、

もしかしたらより鮮明な画像が見て頂けるかもしれません。

さて健太は、

何かとメモを取るのが癖になていて、

書き込み済みのメモ用紙がゴマンと身の周りにあって邪魔。

今日はそれを整理していました。

と、

その中で以前にここに載せたものと思われるものを発見!

ちと面白いので、再度ここに載せさせて下さい。

恐らくどこからかネットで得たものと思われますが、

こうしてハワイに住んでいる健太もトンマも結構笑えました。

「幅ないすね!」

「知らんぷり」

「斎藤寝具店です」

「夕飯はカンピョウだ」

「アホみたい!」

「っていうか、あっちいけ!」

「おしまいか」

「巨乳好き?」

「相撲終わる」

「親友は元!」

「兄移住」

「寝具破損!」

ははは、

ほとんどが英語として次のように聞こえそうです!

Have a nice day.

Sit down please.

Sightseeing 10 days.

You have a computer.

Hold me tight!

Take a ticket.

Wash my car.

Can you ski?

Small world.

See you again.

I need you.

Sing a song.

PCで投稿できない!

どうしたことかこのブログ、

PCで投稿出来ません。

今iPodから投稿してますが、

写真は毎回コンデジで撮影したものをPCで載せているので、

ここからは最新の写真が掲載できません。

取り敢えず、

現状を報告させていただきました。

困った〜、、涙。

富士カントリークラブ、13番ホール、素晴らしいホールですね。
友達の太田さん撮影!
ちょうどこの写真がiPodに入っていたので許可を頂いて掲載させていただきました。

矢沢永吉さんと健太!

ついさっき出ました!
きのうはOyajiさんとランチ、凛花へ!
二人とも頼んだのは「焼き魚定食」でした。このほか2点の小鉢が付きます。
帰途にアラモアナ・センターへ!アップルストアの前あたり、、。
スタバのコーヒーでじっくり会話を楽しみました。
翼下に真珠湾が、、。シカゴからの帰途トンマが撮影!
空港周辺の高架鉄道橋工事。少しづつは、、、進んでます、、、(汗)。
ハワイっぽい(東南アジア?)Tシャツ、買ってみました!でも何時着るんだろう、、汗。

Oyajiさんとランチをすると、

ランチの後のおしゃべりが長くなる。

Oyajiさんの奥さんも近辺で友達とランチをしているので、

時間を合わせなくてはならない。

女性の「井戸端会議」は長いからね、、(笑)。

そんなOyajiさんとの会話で、

「以前にブログに載せたので知ってるかかもしれないけど、、、」

って断って健太の芸能界で大成できなかった一つの要因を話したら、

「いや、その話は知らないなあ、、」

って言ってた。

そこで結構皆さんも興味を持ってもらえそうな話なので、

もう一度そのことを書いてみたい。

でも、「またか!」って思った人がいれば飛ばしてください。

「矢沢永吉」さんと「健太(トニーズ)」って話、、、。

矢沢永吉さんは「キャロル」というバンドを解散後1975年ソロ活動に移った。

ご存知の通り芸能界は「海千山千」の跋扈する何とも陰湿なところ。

色んな「いじめ」が横行している。

矢沢さんはどちらかと言うと「硬派」、

その態度はかなり「デカイ」。

(以下、

正確な話は記憶にないのでディテールは多少違うと思いますが内容だけを感じ取って下さい)

そんな矢沢さんのデカイ態度を見たある有名な

プロデユーサー(?だったか、とにかくお偉いさん)が、

「おい矢沢、お前みたいな態度の奴は業界から抹消するぞ!」

と悪態を付いた。

そう言われた矢沢さんは、

そのプロデユーサーに向かって言った、

「上等じゃないですか!じゃあ、あんたが業界から消えてゆくか、

この俺が消えてゆくかしっかり見届けようじゃないの!」

先輩後輩、お偉いさん下っ端、

上下関係の煩い業界でよくぞ矢沢さん、言ったもんだ!!

一方健太達トニーズ、

あれは1967年だったと思う、

デビュー曲がヒットして一寸いい気になっていた健太達。

健太達の所属するレコード会社の営業の時だ。

当時の売れっ子、

「青江三奈」「三沢あけみ」「久保浩」などと並んで地方を回っていた。

何処だったか忘れたけど、

ある営業先で、

レコード会社のお偉いさん(だったと思う)が健太たちに言った。

「おい、トニーズ、お前らなんか消しゴムでいつでも消せるんだぞ!」

と来た。

突然のことで驚いた健太達、

どう対処していいか分からない。

そこでリーダーの健太が口を開いた。

「Nさん、そ、そんなこと言わないで、頑張りますからよろしくお願いしますよ!」

矢沢永吉さんとトニーズ、

「業界のいじめ」に対する態度が全く違っていた。

どちらが「良い」とは言えないけど、

汚い芸能界で生き抜くには矢沢さんのように、

「強く」なければ生きて行けなかったのかも知れない。

ある意味で矢沢さんは、

「命がけ」で仕事をしていたに違いない、、。

健太たちは、

ただ女の子達に「キャーキャー」言われたいだけだったのかもね、、汗。

残念ながら健太は、

時代がずれていたので、矢沢さんとは一面識もありません。

健太達トニーズのヒット曲「海はふるさと」聞いて下さい!

またかよ、ですか?ははは、そう言わないで100回聞いて下さいよ、、(笑)。

ハワイに盗人の種は尽きまじ!

空港の高架鉄道橋。エバ方面から空港に乗り入れるカーブ。
空港から出るH-1と交差するところ。

H-1フリウェー、空港からワイキキ方面へ!
ダウンタウン、アロハタワー近辺。
カカアコ周辺、どんどんニュー・コンドが建ってゆく、、。
ニールブレジデル・コンサート・ホール。現在コロナワクチン接種会場になっています!

車上荒らしにまた会いました、、涙。助手席サイドです。
警察が来てくれましたが、犯人は捕まらないでしょうね、、、、。
3日間の歩数です。

何でこんなにハワイは泥棒が多いんだろう、、。

健太はこのコンドに引っ越してきてから、

少なくても5,6回は車上荒らしの被害に遭っている。

そのたびにポリスに来てもらうんだけど、

一向に犯人は捕まらない。

犯行のスタイルから言って、

犯人は同一人物としか考えられない。

そいつの場合物取りと言うより、

半分「愉快犯」だ!

と言うのは、

ある時期を境に健太は車の中に何も置いておかない事にしている。

それを知っている筈の犯人は今回はガラスを割っただけ。

車内に入った様子はない。

もちろんアラームは鳴ったはずだけど真夜中の犯行のこと、

地下の駐車場だし誰も駆けつけやしない。

恐らくこれが日本だったら犯人は即捕まると思う。

毎回同じ犯行スタイルだからだ。

しかし残念ながら、

ハワイの警察は車上荒らしなどのコソ泥には目もくれない。

これだけ同様な手口で犯行が行われるのなら、

定期的に現場を張っていれば必ず犯人はやって来る!

大体はハワイの警察には泥棒を捕まえる気など全くないのだ。

悔しいよね!

「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」

自分が死んでも、泥棒は尽きない、、と言う意味で、

釜茹での刑にあった安土桃山時代に出没した盗賊、

「石川五右衛門」の辞世だ、、、。

それにしても、

ハワイの泥棒は尽きない!!

最近ひったくりも多発しているようなので、

多くの観光客やお年寄りが被被害に遭っている。

コロナ渦がひと段落して、

ハワイ旅行が元どうり再開されるようになっても、

みなさん、

くれぐれも泥棒には注意して下さい!