日本人の失ったもの、、、

今日のダイアモンドヘッド様!
ビルで海が見えなくなってきている。海を返せ!
ターストン・ストリート。
ワイルダー・アベニュー
マックが食べたかった!
モニターをワイドに交換しました!

**********

なにをいまさら、、、

って言う人もいるだろうけど、

現代日本社会に必要なのは日本古来からの日本の文化、

「武士道」だ。

安部さんの国葬に反対する人がいても構わないと思う。

しかし、

亡くなっていしまった人を鞭で打つという文化は、

日本には決して存在しなかった。

今回の国葬問題で、

まるでテロリストを擁護して、

殺された安部さんを悪人の様に追求するという、

信じられない意見が見られた。

戦後沢山の海外文化が入ってきた結果、

そんなことが起きてしまったんだと思うけど、

もう一度日本人には「武士道教育」が必要だと思う。

以下は幕末に活躍した山岡鉄舟の、

「鉄舟武士道」とよばれたものである。

1.うそを言うな

2 恩を忘れるな

3 父母の恩を忘れるな

4 師の恩を忘れるな

5 人の恩を忘れるな

6 神仏と年長者を粗末にしてはならない

7 幼者をあなどるな

8 自分の欲しない事を人に求めるな

9 腹を立てるのは道にあったことではない

10 何事につけても人の不幸を喜んではならない

11 力の及ぶ限り良くなるよう努力せよ

12 食事の度に農夫の辛苦を思え。すべて草木土石を粗末にしてはいけない

13 他人の事を考えないで自分に都合の良いことばかりしてはならない

14 ことさらお洒落をしたりうわべを繕うのは、

  わが心に濁りがあるためと思え

15 礼儀を乱してはならない

16 いつだれに対しても客人に接する心であれ

17 自分の知らないことは、だれでも師と思って教えを受けよう

18 学問や技術は富や名声を得るためのものではない

  己を磨くためにあると心得よ

19 人にはすべて得手と不得手がある。不得手を見て一概に人を捨て、

  笑ってはならない

20 己の善行を誇り顔に人に知らせるな。

  我が行いはすべてわが心に恥じぬために努力するものと心得よ

これ、分かるかなあ、、、

金が戻ってきます!!

出た、58インチ4KTVが298ドルだ!
な、なんと、75インチ4KのTVは$598ドルだ。ハワイのテレビの値段は狂ってるよね!
ハイセンスは中国メーカーですが、なかなか良いテレビだそうです。
そりゃそうだ、もとはと言えば中身は日本の技術だもんね!
ウォルマート、早くもハローウィンのディスプレーが、、、、
ランチはニジヤのレインボウ・ロール、、、
それとも、バッテラ?
お稲荷さんもおいしそうだ!
アジ・フリャー、安くて美味そうだ!
おお、イゲさんありがとう、還付金もらえるんですね!待ってまーす。ハワイ報知電子版より。
ハワイ報知電子版は月に1650円で、ハワイの最新情報が手に入ります!
左の時計、バッテリーを変えて放っておいたら、狂ってた!
左の時計1個で右の時計(100円ショップ時計)1万個以上が買えます。
でも100円ショップの時計の方が正確ででした、、汗。

世の中どうなってんの、、?

**********

ハワイ報知電子版からの記事でご覧いただいているように、

ハワイ州政府がこの物価高なので少しでも役に立ててください!

って言って、

健太たちが支払った税金の一部を返してくれるようです。

この際100ドルでも200ドルでも戻ってきてくれたら本当にうれしい。

何しろ年金生活の健太、

この物価高でなかなかやりくりが難しい、、。

しかしギターなりなんなりそれなりの物も持ってるし、

まあこの年になるとこれ以上欲しいものもあまりない。

せいぜいたまに旅行がしたいくらい。

食べものだって贅沢を言わなければ、

安くて栄養があってそれなりのものはまだまだあるから、

何とか生きては行けるよね。

だから日本の物価がまだこっちに比べて安いうちに、

日本へ行きたい。

しかしとんまの会社のフライトがまだ成田に飛んでくれないのが困りもの、、。

やっと岸田さんが「水際対策解禁」してくれたので、

近いうちに飛んでくれると思うけどね、、、、。

ニュースで見ていても日本も物価が少しづつ上がっていて、

「餃子の王将」も少し値段を上げているようだけど(せいぜい100円くらい)、

まだまだ、

ハワイに比べたらめちゃ安だ。

それに今、円安だからチャンス!!

値上げ分は為替レートで十分おつりが来ます。

日本の「かつや」安くて美味い。
値段が上がってもせいぜい600円くらい(1ドル143円計算で4ドル20セント)でしょ?まだまだ安い
蒲田西口駅前にあります!
蒲田東口にあります!!
王将のニラ・モヤシ炒めに餃子!!
そしてラーメン・チャーハンに餃子。セットでも10ドルしません!
ナス炒め!
今はなき在りし日の健太の実家。おっかさんがタイプ印書の仕事をしてたのだ。

人を馬鹿にしている!

先週の写真でごめん!グアムの海はハワイの海と大分趣が異なります。
空も、なんとなく違うかなあ、、、。
街中も高層コンドなどなくて、落ち着いた感じが素敵です!
高いビルはホテルだけ
グアムの和食店は、、
何処も、、、
とても良心的。ハワイじゃ、この値段ではランチも食べられません、、涙。
ハワイの外食の値段は人を馬鹿にしてます!
上の写真A、ラーメン餃子$13を頼みました。ラーメンはハワイより美味いかも!
ハワイ報知電子版より、「ハワイ色の空の下」No.14。
サイズの関係で余計なものもあって、読みにくくてすみません。

ハワイの政治・経済ニュース、最新情報なら、
ハワイ報知電子版!月1650円です。

**********

今回は先週行ったグアムの写真を掲載させていただきました。

同じ南国でありながら、

やっぱりハワイとは大分違うので、

撮ってきた写真を是非皆さんにも見て頂きたいと思います。

*****

グアムには素晴らしいゴルフ・コースがあると聞いていたので、

ゴルファー健太としては行けなかったことが残念です。

してぇ、

ハワイには意外と多くのグアムからやってきた日本人がいて、

話に聞いてた通り、

ハワイに負けないほど素晴らしいところだと知りました。

写真でもご覧いただけるように、

高層ビルがないので何かほっとするものがありました。

高層ビルがガンガン建ってゆくホノルルにいると、

こうしたグアムのまったりとした地方の雰囲気に、

とても心が和みます。

健太が来た1967年頃のハワイも、

高層ビルなんかホテル以外殆どなかったんだけどなあ、、、。

グアムもパラオも欠点と言えば、

ちょっと湿気が多いかなあ、、。

それにしても、

ハワイの外食の値段は人を馬鹿にしてます!

ハワイのテイクアウト、
パールス(元・ヤミーズ)のスペシャル・プレート、領収書は下に!
22ドル50セント。1ドル143円計算で3217円。高いよね?

ホノルルの日本建築

奈良の南法華寺を模したハワイのヌアヌ・三重塔。また行ってきました!
カイルア方向に向かってパリ・ハイウェーの左脇。
その隣にあるハワイ金閣寺。
現在は緑色なので健太は「緑閣寺」と呼んでいます、、笑。
キング・ストリートのハワイ石槌神社。
東大寺布哇別格本山。パリ・ハイウェーを登って左側にちょっと入った、
オアフ・カントリークラブ近くにあります。
布哇大神宮!
布哇真言宗。
布哇出雲大社!
マキキ聖城教会。
布哇東大寺のすぐ傍にあります!

**********

ヌアヌ・アベニューをパリへ向かって上ってゆくと、

途中左手に日本領事館があって、

それを過ぎた右側にヌアヌ・メモリアル霊園パークがある。

そこには、

健太が今コラムでお世話になっている「ハワイ報知新聞」の創始者、

牧野金三郎氏の墓がある。

健太はそこを通るときは、

なるべくお参りをするようにしている。

その牧野氏の墓の脇には「京都庭園」と呼ばれる、

小さな日本庭園的なものがあって、

ご覧いただいている三重塔と金閣寺があるのだ。

残念ながら最近は予算がなく、

荒れ果てていて手入れが行き届いていない。

****

真珠湾攻撃のあった頃のハワイの人口は40万人、

当時そのうち15万人が日系人だった。

そう考えると、

このホノルルに沢山の日本建築があるのは納得できる。

実は戦前はもっと沢山の神社仏閣が存在したが、

あの戦争のため閉鎖に追い込まれてしまったものもある、、。

ハワイ報知新聞・創始者、牧野金三郎氏の墓碑。
左に三重塔の屋根が見える。向こうの丘はパンチ・ボール。

一度はパラオに行っておいで!

パラオのロック・アイランド。海の色がすごかった!
ハワイと大分違うパラオのヤシの木です。
パラオの史跡、バイ!
パラオの遺跡。向こうにあるのも多分男性シンボルだと思います!!
第二次世界大戦のパラオ日本海軍省跡。
日本海軍の置き土産!
日本海軍の高射砲。いかにも命中しそうだ!
80年前にこんなものを造っていた日本の技術は凄い!
現在ロシアで使われている戦車と、基本的にあまり変わりはないんじゃないの?
これなんかごく近代的デザインだよね!
博物館にあった日本兵の姿!
昔のパラオ現地人!
パラオのエリレイ・ラストラン。
とんまは「マングローブ・クラブ」を!
クラブの足。食べでがあったようです!
健太は「チオピーノ」。パラオ風寄せ鍋です、、(笑)
パラオのポキ!
超新鮮、近海マグロとスナッパーの刺身!
レストランからの夕景。
日本・パラオ友好の橋。
2002年に日本が完成させたようです。左がパラオの国旗です!
メイン通りにあった石碑。
パラオはかつて「べっ甲」が有名でしたが今は捕ってはいけません。とても貴重なものです。
ところが!実は健太の家にはパラオからのその亀の甲羅があるのです!
細かい彫り物が描かれています。
大昔とんまのお父さんがパラオでお土産にもらったものです。
パラオのお土産のマカデミアナッツ・チョコ。ハワイと同じです、、汗。

**********

不思議なもんだ。

ご覧いただいているように、

我が家にはパラオの工芸品の亀の甲羅が昔からあった。

実はとんまのお父さんが大昔、

まだワシントン条約(1973年採択)がないころに、

パラオでお土産にもらったものだ。

実はそれを気にも留めていなかったんだけど、

パラオに行って博物館で亀の甲羅を見て自覚!

「そうだ、あれはパラオからだったんだ!!」

二度と手に入らない貴重なもの、

我が家の玄関に飾ってある亀の甲羅には「お土産用」として、

実に細かな彫り物が全面にしてある豪華なもの。

見にくいかもしれないけど一応写真に撮っておきました。

今回の旅はいろいろ出会いもあって、

まるでとんまのお父さんが、

「一度はパラオに行っておいで!」って言っていたかのような、

貴重な旅でした。

グアムからパラオへ!

グアムに来ました!空気がとても澄んでいます。でもさすがコロナの影響で人の姿はまばらです、、。
ハワイよりちょっと湿気があるけど、とても素敵なところですね!
中秋の名月がウェスティン・ホテルの部屋から見えました!
そして昨夜遅く(早朝)パラオに到着!
パラオのKororというところの港!
ホテル近くに矢野マーケット、お弁当など売ってるけど、とてもユニークなお弁当でした。
エピソン・ミュージアムに行って、パラオの歴史の勉強をしました。パラオでは日本語が公用語と聞きましたが、まだ日本語は聞いていません。これから夕食にシーフードレストランに行くので、そこで試してみます。
朝食はホテルのレストランで「パラオ朝食」を頂きました。うーむ、初体験なので微妙な味でした、、。

**********

ご覧いただいているように、昨日グアムに行って、

今朝早くパラオに着きました。

パラオのKororの町は小さなホテルが沢山あるけど、

パラオらしい海はないので、

今晩夕食でシーフード・ラストランを予約、

そこでは超新鮮なシーフードを提供している上に、

パラオらしい素敵な景色が見られるということで、

とても楽しみにしています!

そんな人物が現れるか?

カイルアのカイト・サーフィン!
同じくカイルアの、ウィンド&カイト・サーフィン!
かなりの迫力です!
カイルア・ビーチから見たキング・コング島(モクルア・アイランド)。
石塔はラニカイのサイン!
海岸の浸食で枯れてゆくパイン・ツリー。
モクルア・アイランズ!
なんとも芸術的なショットです、、(笑)!
ラニカイ海岸沿いの家々には、こうしてカタマランなどを所有しているところが多い。
やった、以前健太のCDのジャケットにしたヨットだぞ!
ウェストロック・ゴルフ・コースで、まるで錆たような木を見つけました、木も錆るのでしょうか、、。

**********

いま日本はとても危険な立場にいるような気がする。

戦後営々と築上げた日本経済は、

どこで狂ってしまったのか、

30年間にもわたって低迷を続けている。

また巷ではわけのわからない偏執的な事件が起きたり、

市民の財産と安全を守るべき警察官が、

次々と低俗な罪を犯している。

政治家たちは相変もわらず私利私欲のために権力闘争に明け暮れ、

官僚や役人たちは税金をむさぼり、

わが身の保身だけに動き回っている。

いったい何がこうさせてしまったのだろう、、。

実は、

最近その原因がわかってきた様な気がする。

それはどうやら戦後アメリカが持ち込んだ、

「合理主義」が原因ではないだろうか、、。

合理主義は目に見えない「精神」よりも、

現実に目の前にある物質に比重を置くという欧米型発想だ。

何事も数字に置き換えてその優劣を判断、

そこには一切人間の持つ感情など介在しない。

*****

黒船が来る以前の日本社会は「武士」がリーダーとして、

人々の見本となって秩序を保って来た。

よって、

「士」に従っていた「農・工・商」も、

人間としてどう生きるべきかをそれらから学び、

貧しいながらも300年間にもわたって江戸幕府は続き、

社会の安定を保ってきた。

実は黒船でやってきたアメリカ人たちも、

当初日本社会の素晴らしさに眼を見張ったと言われている。

江戸市民たちの身なりは継ぎはぎだらけの粗末なものでも、

洗濯の行き届いた極めて清潔なものだった。

また彼らは何事にも控えめで折り目正しく、

むしろその姿勢は優雅にさえ思えたとする記録が残ってる。

そんな彼らは、

「果たして、我々がここへ来たことが正しかったかどうか、

はなはだ疑問だ、、」

とも言っている。

現代日本人は(私も含めて)身なりを小綺麗にまとめて、

何事も自己中心的、

少しでも得をしようとそつなく動き回る。

何か事が起ころうものなら、

即他人に責任転嫁して、自分は素知らぬ顔。

こんなことでは安定した世の中など生まれるわけがない。

つまり、現代日本に欠けているもの、

それは、

嘗ては日本の屋台骨となっていた「武士道」だ。

その模範のような人物が明治維新に存在した。

西郷隆盛だ。

明治維新、日本の閣僚の中で最有力でありながら、

西郷の外見はごく普通の兵士と変わらず、

月収が数百円あったところ必要とする分は15円でたり、

残りは困っている友人がいれば惜しみなく与えた。

東京の番町の住居はみすぼらしい建物で、

家賃はひと月3円。

その普段着は薩摩がすりで、

幅広の木綿帯、足には大きな下駄を履くだけだった。

武士道の徳目で「無私無欲」というのがある。

西郷は自分の事はあまり考えなかった。

作家の司馬遼太郎は、

「彼は超人的な無私の心があった。彼にとって権力欲などは小さなもので、

人を狂わせるこの欲望を彼は巨大な意志力で押し潰した。

後に功績により正三位の位をもらったが、

それすら3年かけて断り続けた」

と記している。

本来の政治家の姿とは、

きっとこの西郷のような人物であるに違いない。

果たしてこれから、

そんな人物が日本に現れてくれるだろうか、、。

いや、日本だけではない、

世界のどこかにそんな人物が生まれてくれるだろうか、、、。

都市伝説さながら、、

今日のホノルル。我がラナイからの景色。通りはペンサコーラ・ストリート。
ここに越してきた頃は一切高層コンドがなかったので、海が良く見えたけど、、、涙。
エコタウンで買ったフェンダージャガー・ビンテージ。
恐らく1982年製、音が出ないのでメチャ安で入手しました。
実は買った時はボロボロでしたが、磨いて綺麗にしました。
さすが長年ギターをいじって来た健太、接点不良・スイッチの不具合と断線を発見2日間で完全復活しました。
Japan ビンテージです。恐らく10万円以上はすると思います!
チップに凝ってます。トマト系ディップで食べます。
ハワイ報知電子版より、「ハワイ色の空の下」13回目。
ハワイ報知電子版はたったの月1650円で、ハワイ最新情報が入手できます!

 **********

ご覧いただいているように、

今回のハワイ報知新聞の健太のコラムでは、

「プリンセス・カイウラニ」を取り上げてみた。

プリンセス・カイウラニは23歳と言う若さで亡くなっている。

ところがどうにも割り切れない気持ちが胸に痞えている。

カイウラニが育って行く間に、

実に多くの「王室関係者」が亡くなっているのだ。

その数が尋常ではない。

一時、

カイウラニの養父カラカウア王の暗殺が計画されていると言う噂が、

巷に広まった。

火のないところに煙は立たない。

つまり彼が(或るいは彼らが)死んでくれると大いに恩恵を受ける者がいた、

という事だ。

実際彼は晩年体調を崩してサンフランシスコで病死する訳だが、

本当に病死だったのだろうか、、、?

体を壊していたのも実は何かを盛られたのかも知れない。

コラムでも書いたけどカラカウア王の妹で、

カイウラニの母親、

リケリケも腑に落ちない死に方をしている。

いかにも何かを盛られたような死に方だった。

ある男にその話をしたら、

「何言ってんだよ健太、ハワイアンは皆早死になんだ。

南海の孤島で殆ど病原菌の無かったこのハワイへ、

白人がやって来て、

様々な病原菌を持ちこんじゃったのさ。

それが原因でハワイアンたちは皆死んでいったんだ」

なるほど、、

尤もらしい。

カメハメハが全島を統一した当時のハワイアンの人口は、

約30万人。

ところがそれから100年ほど、

カイウラニ達の時代には4万人近くまで減ってしまっている。

その理由がどの歴史書にも、

「無垢なハワイアンたちは白人たちが持ち込んだ病原菌に侵されて、

人口が減ってしまった」

と判で押したように記されている。

でもよく考えてみると、

それって誰が言っているの?

白人たちが勝手にそう言っているだけで、

何処にも証拠がないんじゃない?

健太はコラムで書いた最後の一行がどうしても言いたかった。

「都市伝説さながら、

彼等の悲惨な末路に疑念を持たざるを得ない!」

ハワイアン全体の人口はともかく、

代々、

ハワイ王国の関係者の死はには、

きっと何かあると健太は見ている!!

焼け石に水!!

なかなか立派な建物です!
曹洞宗のお寺でした!
アラモアナの Eggs’sn Things, コロナで日本人が来なくなったら誰も行きません、、涙。
遂に75インチ4Kのテレビが$599.99になった!VIZOは台湾製です。
これはこの前載せたけど58インチ・4Kで$298ドル、
半導体不足だと言うのに、どうかしてるよねこの値段。これは中国製です。
1930年代、カフクを走るオアフ・レイルロード列車!
今高架鉄道を作ってるけど、これをちゃんとメンテしていたら余計な金は掛からなかったのにね!

ダウンタウンからパール・シティー、エバ、マカハ、モクレア、ハレイワ、ノース、カフク迄走っていました。
ナナクリ・マカハにはこうしてまだレールが残っています。
まだ直せば使えるかなあ、、。
ナナクリ近辺!!
カエナ・ポイント近くを走るオアフ・レイルロード・列車!

**********

日本も大分物価が上がってきているようだけど、

ハワイの物価高は特にひどい。

テークアウトでも、

ランチ・プレートが元・ヤミーズのパールスで20ドル、

パンダ(中華・テイクアウト)でもオカズ2品にチャーハンで25ドル。

そのくせ、

ご覧いただいているようにテレビなんかはめちゃ安!

値段の付け方がめちゃくちゃだよね。

アメリカの物価上昇率は9%強、

健太達は今年年金が4.9%上がったそうだけど、

焼け石に水です、、涙。

*****

それにしてもオアフ島の高架鉄道、

単なる金食い虫。

カポレイからアラモアナの予定が予算不足で、

ダウンタウンのサウス・ストリートが終点になるようです。

アラモアナまで来なくちゃ何の意味もないよね。

将来的には、

アラモアナーハワイ大学まで、って言う話だったのに。

文句を言う資格なし!

久し振りに高架鉄道の試運転車が走って来ました!
ウェストロック7番ホール、ティーグラウンドから。
オット、往復でまた走ってきた!
トンマが金継をしたいそうで、友達がキットを送ってくれました。
ウェストロック、16番ホールパー5。夏場になると緑がかなり傷んできます、、汗。
金曜日のウェストロック18ホールの歩数です。
今日は結婚記念日なので、式を挙げた教会へ行って写真撮影をしてきました。
教会の鐘。当時ホテルの営業をしていた健太、
日本の「高砂殿」さんの新婚さんをホテルでお引き受けしていた関係上、
高砂殿さんにお願いして式を上げました。
一応、健太の元気な姿も、、(笑)。
日本の兄貴からの小包、到着まで何と3か月と7日掛かりました。

**********

確かに日本の政治には色々文句が言いたい。

しかし最近の政治家たちに対する、

表面に出てくる一般日本国民の態度にはあまり感心しない。

そりゃ色々文句もある、

文句も言いたければ言えばいい。

しかし、政治家は国民の為に日夜頑張っている。

何とか日本を良くしようと頭を悩ませている。

勿論中にはどうしようもない議員もいるだろうけど、

そんな奴らばかりじゃないはずだ。

政治家にインタビューする場合一人くらい、

「何時も日本の為に頑張って下さっていて、有難うございます!」

なんていう記者やレポーターがいても良いはずなのに、

そんな言葉を一度も聞いたことがない!!

議員たちは間違いなく国民が選んだ連中、

もし政治家がそんなに最悪な奴ばかりならば、

選んだ国民に責任がある!

今回の参院選の投票率は52.05%だった。

乱暴な言い方をすれば、

選挙権を持つ国民の半分しか投票してない。

つまり文句を言っている奴の半分は、

投票をしていないことになる。

これじゃあ文句を言う権利もない!!

日本は「スパイ天国」

国家機密も技術もダダもれ状態!!

かと言って、スパイ防止法が中々通らない。

「何故、スパイ防止法に反対するのか?」

答えは簡単です。

反対しているのはそんな法律が通っては困る人、

「スパイ」だからです。

戦後76年ず~っとスパイ天国だった日本、

76年の間にすっかりスパイに入り込まれて、

今の日本は至る所スパイだらけなのです!

安倍さんの国葬、

良いじゃないですか。

世界の重鎮たちが一堂に集まります。

これにより「国葬費用」大きく上回る効果が望めます!