時代は変わったよね、、”

DSC02661

マックが少し飽きたので、ジャック・インザ・ボックスへ!

DSC02655

空港の高架軌道の橋ゲタ!大分工事が進んでます。

DSC02647

ハズキルーペが欲しかったけど15000円だそうなので、ハワイに最近できた「ダイソー」でこれを入手。1ドル50セントでした。良く見えます、、、(笑)。

IMG_4504 (1)

デンバーからの帰り、オアフ島上空。左上には真珠湾が見える。中央下はオアフ・カントリー・クラブ。

IMG_4465 (1)

デンバーにて。グリーンのサインeufloraは嗜好用のマリファナ販売店!セブン・イレブンの隣にこんな店があるなんて、日本では絶対考えられないよね!

DSC02664

「ホノルル1941」これまでのあらすじ。

DSC02663

「ホノルル1941」第26話。日系新聞社イカリ・タイムス4人目の応募者は元・ヤクザの須山。

ホノルルにヤクザ組織があったなんて、、、。

 

 

とんまがまたデンバーに飛んだ。

今回撮ってきてくれた写真の中に、

ご覧いただいている「嗜好用マリファナ専門店」が、

セブンイレブンの隣に堂々と営業している様子が写っている。

今では信じられないけど、

1920年~1933年までアメリカには禁酒法があった。

その間に酒を造ったり販売したり飲んだりすると「犯罪」だったのだ。

マリファナにもかなりにそれに近い歴史がある。

つい何年か前まではマリファナの生産・販売・吸引は違法だった。

それがこの何年かの間に州別にどんどん解禁となってきている。

ついこの前までマリファナで重罪犯人のように逮捕されていたなど、

まるで嘘のようだ。

ハワイ州は、、と言うと、

嗜好用マリファナはまだ解禁になっていないけど、「医療用マリファナ」はOK!

それと、

少量のマリファナ所持は多少の罰金で済むという。

健太の友達の一人に、昔マリファナ所持で日本へ強制送還になった奴がいる。

時代は変ったよね、、、。

 

 

無駄も必要なこと!

DSC02642

ハワイの夕日。昔「カナダの夕日」っていう曲が流行ったよね!「ハワイの夕日」って曲作ろうかな、、(笑)。

DSC02633

イエロー・シャワーツリー。

DSC02634

ウェストロックの15番、パー3。この左側はもう真珠湾です!

DSC02636

ナ、ナント40インチのTVが$179.88だとさ!

DSC02600

夕食はここでテークアウトだ。ドンキの入り口にあるパールスは、元・ヤミーズ。メニューはヤミーズとほぼ同じです!

DSC02643

健太のドライバーの数々!

DSC02639

「ホノルル1941」は第22回となりました。アメリカで日本の移民たちが頑張りすぎて、白人社会から白い目で見られてしまう。この辺から日米間がぎくしゃくし始めるのだ。

 

ご覧頂いている健太のゴルフ・クラブのドライバー!

なんと10本写ってる。

しかし写ってるのは10本でも、

恐らくこの他倉庫にも何本かあるに違いない、、汗。

体は一つ、一度に打てるボールは1個、

なのにこんなにドライバーがあるとは、此れ如何に!

まあ普通ゴルファーなら、

大抵「エース・ドライバー(一番信頼出来るドライバー)」1本のほか、

精々2、3本所持してる、、ってところまでが正常。

つまり健太は異常なのだ!

要するに、

ボールが飛ばないのは「健太のせいじゃない!」って思ってたんだろうね!

ゴルフを始めて40年、

あれこれレッスン書を読んだりビデオDVDなんかも星の数ほど見てきた。

それでもいいスコアが出ないし、思ったほどボールは飛んでくれない、、。

そうなればやっぱり「ゴルフ・クラブ」を疑うのは当然だよね?

ところが喜んでくれ!

苦節40年、

やっとボールが少し飛び始めたのだ!

あ~、この40年一体何をやって来たんだろう。

全てが無駄な事、無駄な金を使って来たってわけか!

要するに健太のスイングが間違っていたのだ。

だからこれらの10本のドライバー、

今どれを使ってもそこそこの距離を飛んでくれる!

なんと人間は無駄を繰り返すんだろう、、。

だけど考えてみれば、

その無駄を繰り返してきたからこそ、

こうして今日、

多少ボールが飛ぶようになってくれた、とも考えられる。

「無駄」、

一事が万事、

生きてゆく上に無駄も必要な事じゃないでしょうか、、(笑)。

 

 

「ハワイ弁の日本語」

DSC02621

凄い直射日光!

DSC02617

ハワイの夏、暑い!だけど木陰にいればそよ風で最高のひと時。シャワーツリーの花が揺れて美しい。

DSC02614

そこに冷えたマンゴでもあれば正に極楽です、、(笑)。

DSC02626.JPG

うーむ、この位置からのハワイ富士はちと「いびつ」です、、涙。

DSC02625

ウェスト・ロック15番ホール、パー3。雲が秋空みたいだけど、とんでもない真夏の炎天下です、、。

DSC02624

椰子の小林、、です、、(笑)。

DSC02629

「ホノルル1941」第20話、ホノルルの日系新聞社の面接を受ける占い師「岡本君」。写真は当時ホノルルにあった山城旅館!

 

健太が初めてハワイに来た1967年ごろには、

まだまだ沢山の日系二世がホノルルには存在した。

彼らは日本語も上手で、

当初英語の苦手だった健太たちも大いに助かった。

彼らとのコミュニュケーションが容易だった上に、

英語しかしゃべらないファンの通訳もしてくれたからだ。

但し、

彼らの日本語はハワイの日本語!

じゃあ、当時のハワイの日本語ってどんな日本語かと言うと、

広島弁、熊本弁などの「方言・ミックス版日本語」だ。

当時の日本映画で、

森繁久彌さんの「社長外遊記」、、だったかな?

その中でハワイ日系二世を演ずるフランキー堺さんが、

当時の彼らの日本語を見事に再現していたのを、

今でもはっきり覚えている。

正にそれは、

今回「ホノルル1941」に登場している岡本六郎君、

また前回登場した大島ペレさんの喋っている、

ハワイの日本語そのものなのです!

あれから50年、

残念ながらすっかり日系二世も減ってしまって、

「ハワイ弁の日本語」を聞く機会がなくなってしまった。

それはまるで、

ワサビの利かない寿司を食っているようでとても淋しい思いです、、、。

でも、

時々健太のバンドのドラマーのフランキー君(堺ではない)が、

その「ハワイ弁の日本語」を喋ってくれるのです。

彼は多彩で、

とても上手にそれを真似てくれます、、(笑)!

あれからウン十年!

IMG_4394 (1)

おお美しい、ワイキキとダイヤモンドヘッド様!順序が逆だけどシカゴからの帰りです。

IMG_4310 (1)

 

シカゴ・トランプ・タワー。

IMG_4307 (1)

 

シカゴ・ダウンタウン。

IMG_4298 (1)

船着き場。現在はポリスのステーションになっている。

IMG_4301 (1)

シカゴ・ポリスのボート。

IMG_4328 (1)

 

このコンド、名前は知らないけどTVでよく見ます!

IMG_4311 (1)

川沿いの古いビル。橋はミシガン通り。

IMG_4323 (1)

シカゴ劇場。

IMG_4321 (1)

映画でよく見る電車の高架橋。

IMG_4378 (1)

シカゴのオヘア空港!

 

DSC02603

17話。新聞記者見習いに応募してきた1人の女が、自分はペレだと名乗っている。ハワイの伝説に出てくるペレとは一体、、。

 

随分昔旅行社勤めをしていた頃、ハワイ島に研修で行ったことがある。

火山の島「ハワイ島」は、

またの名を「ビッグ・アイランド」と言う。

キラウエア火山の山頂での事、

手に金色のひん曲がった杖を持って赤いフワフワのドレスを着た、

かなり年配と思われる女が速足で健太の前を歩き去った。

何とも奇異な姿の女だが、

何故か周りの誰もが注意を払おうとしない。

不思議に思った健太はバス・ガイドのお姉さんに聞いてみた。

「あの人は何なんですか?」

するとガイドさんは笑みを浮かべながら、

「ああ、あれね。あれは自分がハワイの伝説に出てくる『ペレ』だって言張って、

いつもこの辺りをうろついている女なのよ!」

「えーつ!」

健太はぶったまげた。

ハワイに住んでいる者なら皆誰も、

「ペレ」の名前くらいは知っている!

ハワイの伝説に出てくる「火の女神」のことだ。

ガイドさんは続ける。

「あの人のほかにも、『自分はペレだ!』って言って、

この辺をうろついている人がまだいるんですよ」

いやはや驚いたのなんの!

しかしその時、何かが頭を過(よ)ぎった。

<まてよ、こいつは面白い。いつか何かに使えるかもしれない! >

そしてあれからウン十年、

こうして「ペレ」を名乗る女として、

立派に健太の小説に登場してもらいました、、(笑)。

人生何があるか分からない!

DSC02576

エバ・ビレッジGCのロイヤル・パーム・ツリー。

DSC02577

そのちょっと左側が10番ホール、パー4!

DSC02587今回ご一緒したのはOさんご夫妻でした!

DSC02593

2ピースのドラコン・ボールと3ピースのカスコボール。どっちが飛ぶでしょうか、、(笑)。

DSC02594.JPG

こちらがパリGC の13番パー5。3オンできずにちょっと手前、、涙。

DSC02596

今回はイカリ・タイムス社長の世界情勢の話。写真はスミス街に現存する元・日布時事社ビル!

 

人間の年齢と限界の話。

健太は今月78歳の誕生日を迎える。

だけど最近つくづく考えさせられることがある。

健太は一体何歳まで成長するんだろう、、、。

ここでの「成長」は主に「知力」及び「体力」のこと。

健太はいろんな意味で70歳を過ぎても、

なお成長していると思えてならない。

こうして小説も書くし、いろんなことに対する知識欲も旺盛!

それに加えて、

最近このコメント欄でタロッペいたばしさんとやたら話している、

「荒木流・孔術(ゴルフ)火の巻き」が圧巻だ!

つまり健太のゴルフ、

ドライバーの飛距離が確実に伸びているのだ!

少し控えめに言えば10ヤードは伸びている。

ちょっと盛って言えば15~20ヤードは伸びているかも知れない、、(笑)。

相変わらず週最低4回は18ホールのゴルフをプレーするし、

そのうち3回は歩いて回る。

もちろん天気が良くて予定がなければ週5回はプレーする。

こうして考えてみるとちょっと恐ろしい気がする、、。

だってある日突然、

まるで何もできなくなっちゃう日が来るかのかもしれない、、。

な~んて、

先のことを考えたって始まらない。

一日一日を思いっきりエンジョイして生きてゆく事、

それっきゃないよね、、(笑)。

後はケセラセラだ!

そう言えば「ケセラセラ」を歌った「ドリス・デイ」さん、

ついこの前(5月かな、、)亡くなったよね。

ドリス・デイさんと言えば一世を風靡した歌手兼女優!

その彼女が一時「ホームレス」になっていたっていう、

有名な話がある。

ああ、それと日本の歌手だった「天地真理さん」も、

今大変な生活をしていると聞きます。

人生何時何があるか分からないよね、、。

ともかく、健太がホームレスにならなかったことに、

ご先祖様と神様に心から感謝します!

 

トラブルに見舞われちゃう!

DSC02552

ウェストロックGC にて。野生の鶏も子育てに忙しい時期です。ひよこも羽がずいぶん育ちました!

DSC02556

ウェストロック17番ホール、パー3のグリーン。健太のバーディーパット。

DSC02568

最近仕入れた豪華な虹色のパターと便利そうな両面チッパー!

DSC02557

最近「みちしるべ」が綺麗にペイントされました、、(笑)。

DSC02559

健太自作のスパム・プレート・ランチ!

DSC02560

ハワイ報知連載の「ホノルル1941」は10話ごとに「これまでのあらすじ」が載ります!

DSC02573

ハワイ報知連載の「ホノルル1941」第12話!

 

お金は勿論沢山あったほうがいい!

人生をより色彩豊かなものにしてくれるのは間違いない。

しかしありすぎるのも問題かもしれないよ、、。

ラスベガスや宝くじで大金を手に入れた人たちの多くが、

あまり幸せになっていないと聞く。

ま、なんとか上手く生きて行けさえすれば、

そんな大金は必要ないのかもしれない。

さて、

またゴルフの話で申し訳ありませんが、

ゴルフ・クラブの「ドライバー」、

もちろんより遠くへ飛んだほうが良い。

それだけホールに近くなるんだから、

より少ない打数でボールを穴に入れられそうだもんね!

でもよく考えてみよう。

遠くへ飛べば飛ぶほどボールは曲がるよね?

曲がればボールが藪の中や池に入っちゃったり、

その他色んなトラブルに見舞われちゃう!

ま、ドライバーはそこそこの距離飛んで、

適当にスコアをまとめ上げたほうが得策かもしれない。

お金はそんなに沢山いらないし、

ドライバーはそんなに飛ばなくても良い!

ははは、、

健太の負け惜しみでした、、(笑)。

世界は狭いよね~!

IMGP9303

「健太さんですよね!」って、4,5年前アラモアナビーチで声をかけて下さった沖さん母娘!

DSC02529

ナ、ナント偶然にも一昨日ロスで、その沖ご夫妻とお会いしました!ロサンゼルスではありません「Ross」です、、笑。

DSC02533

パリの4番ホール。コオラウ山脈が美しい。フランスの「パリ」ではありません、、(笑)!

DSC02534

同じくパリの6番ホール。ガラガラでほぼ貸し切り状態です!

DSC02536

8番ホールから6番ホールのフェアウェーをパシャリ!

DSC02541

久しぶりの万歩計。これで3日分です!

DSC02548

今日は歯医者でインプラントの修理。朝食が食べられなかったので、ジャックインザ・ボックスでこれを食べました!

DSC02543

最近入手したスケルトン・自動巻き時計、メイドイン・チャイナ。安くて見た目が中々豪華で良い!ただ問題は12時で長短針がきちんと重ならないのと、蛍光塗料と思われる針は暗闇でまったく光らない、、(笑)。

DSC02549

ハワイ報知新聞連載「ホノルル1941」今日は第10話、いよいよ男性主役、慎太郎君の登場です!

 

最近健太はゴルフで短パンを履くようにしている。

日本人は足が短くてかっこ悪いので短パンは似合わない。

しかし今年のハワイの夏は暑くてそんなことは言ってられない!

思い切ってかっこの悪い姿で今年の夏は通そうと思っている。

そんなわけで先日ウォルマートでセールの短パンをしこたま仕入れた。

だけどそれに合う靴下がない。

そこで靴下を買おうと火曜日を狙ってロス(Ross)へ行ったのだ。

火曜日、シニアは10%のオフがもらえる。

支払いをしていると、

隣のキャッシャーでシニアと思しき(55歳以上)日本人ご夫婦が支払いをしていた。

そこで健太はすかさず、

「今日はシニアは10%オフですよ~!」って教えてあげた。

すると驚く答えが返ってきたのだ!

「あら健太さん!」

そう言えば奥様のほうに見覚えがあるような、、。

記憶をたどった健太は思い出しました!

4,5年前にアラモアナ・ビーチでSS(ビキニ女性の写真)を撮っていたとき、

声をかけて下さった母娘さんがいた!

そうです、

一番上の写真がその時のお二人なのです!

世界は狭いよね~!

それに「偶然の再会」だなんて、

神様は粋な計らいをして下さる!!