面倒なこと、、

DSC02510

24本でこの値段。なんと1本約16セント、殆どボトル代だね。ウォルマートにて!

DSC02509

あちゃー、レクサスではございません!コピーカー?

DSC02488

パイナップル・プリッツ。ハワイだけの限定版だそうです!

IMG_4113 (1)

とんまが撮った空からのホノルル・カントリー・クラブ!

IMG_4102 (1)

とんまはまたもやデンバーへ。レストラン・アールスのハーフ・BBQ・リブ、シーザーズ・サラダ付き。

IMG_4100 (1)

メニューの一番下です。

DSC02511

大人気のハワイ報知連載小説「ホノルル1941」、昨日第7回目!

健太の「ラナイへ出てコーヒーのもうよ」。名曲です、久しぶりに聞いてください、、(笑)!

もう一曲名曲を、ライムちゃんと歌った「小さな幸せ」!

 

健太の小説「ホノルル1941」がお陰様で現在大好評、

こんな嬉しいことはありません!

これもそれも皆さんの応援のおかげと感謝の思いでいっぱいです。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが元来健太は俳優、

だけど俳優としては箸にも棒にもかからず、

仕方なくミュージシャンへ転向。

音楽ではちょっとだけ陽の目を見させてもらったけど、

実はまだまだ本人的には消化不足!

なんとか今回のこの「ホノルル1941」を足場に、

俳優としても復帰したいとも考えています。

俳優なら年をとっても仕事はありそうだからね、、(笑)。

しかしここに載せた健太作詞作曲・歌・演奏の、

「ラナイへ出てコーヒーを飲もうよ!」

「小さな幸せ」(これは作詞・サミュエル山下)だって、

結構頑張って作ったんだけどなあ、、。

大体音楽を聴いている人はいつも作る側の苦労なんて全く分かんないで、

批評家よろしく、

「つまんねえ曲だ!」「へたくそ!」とか言うんだ。

実はCDを作るのも大変な作業で、

先ず曲が出来たらバック音楽を作らなきゃならない。

音の構成・編曲!

編曲が出来たら健太の場合最初にドラムスをPC上で打ち込む。

それが終わればその上にベースギター、リズム楽器を打ち込む。

それからストリングスやブラス(管楽器)などを打ち込む。

健太は打ち込みがプロじゃないのでこれらの作業は簡単ではない。

そしてその音を再生しながら、

リードギターをかぶせて健太が自分で弾く。

最後に歌を録音、、ってわけ。

しかしそれで終わりじゃない!

ミキシングと言って、

音のバランスや残響処理を加えたりコンプレッサーをかけたり、、。

 

実は小説を書くのも同様に大変!

書きたいテーマが決まったらそれについて徹底して調べなくてはならない。

今回の「ホノルル1941」を書くにあたって、

第二次世界大戦や真珠湾攻撃、日本人のハワイ移民に関する書物を200冊以上読み漁った。

事実がそうならば、

こんなこともあったんじゃないだろうか?

こんなこともあったに違いない!

読んでいるうちにその裏に流れるストーリーが見えてくる。

そんな思いが文章になって次々と脳裏に浮かんでくるんだ!

書き終わってもそれで終わりじゃない。

全体を読み直しておかしなところを直す。

更に誤字脱字のチェック。

これも大変な作業だ。

今回はハワイ報知のプロの方にこの校正、

また不自然な点のご指摘を頂いて完成させて頂いたわけです。

実はオリジナルのタイトルがいまいちだったので、

「ホノルル1941」もハワイ報知の方が考えて下さいました。

これに関しても感謝の心でいっぱいです!

ハワイ報知さんありがとうございました。

 

「音楽作り」「小説書き」、、、、

なんでこんな面倒なことを健太は選んだんだろうか、、、・

じっくり考えてみると、

どうやらそうした面倒なことが、

健太は大好きらしい、、、(笑)。

 

 

 

 

 

この宇宙に果てなんかない!

DSC02483

満開のプルメリア!香りが届きますか、、(笑)?

DSC02495

ウェストロックGCから見たワイアナエ山脈。今日はボグがかなり出てました、、。

DSC02481

不況で「スナックバー」が閉まっているので、消されています、、汗。

DSC02468

足なが鳥は「ハワイアン・スティルト」!

DSC02500

今マック・アイスクリームがセールになってます!

IMG_4079 (1)

とんまは今週デンバーへ。デンバーのレストラン「バルセロナ」!

IMG_4082 (1)

頼んだのはこれ、パエリア!

DSC02505

ハワイ報知新聞掲載の「ホノルル1941」今日は第5回目、いよいよ主役のハパジャパ(ハパハオレ)里見蘭の登場だ!

 

知らないとは恐ろしいことだ。

人間、知らないことだらけ、、。

つまり人間はその実像を全く知らない、

恐ろしい「宇宙という空間」に住んでいるのだ!

皆も宇宙について話すことが時々あるかも知れない。

「宇宙の果てはどうなってるんだろう?」

「ビッグバン以降、宇宙は膨張しているって言うけど、

その一番遠い星の果て、

その先はどうなっているんだろうか?」

興味あるよね!

してえ、

健太の見解は、

この宇宙に「果ては無い!」、

何処まで行っても果はなく永遠に続いている、、って思っている。

そう健太が言うと大概の奴は、

「そんな馬鹿な、何処までも終わりがないなんて、そんなことがあるはずはない!」

なんて言う。

ま、確かに人間はこの目で限界のないものなんて見たことないんで、

分からないわけでもないけど、

恐らく宇宙には終わりがないんだ。

もっとも、「何処を終わりにするか」で意見は分かれると思うけど、

一番遠い星の先は「何もない空間」が無限に続いているんだ。

そして膨張して行く今の宇宙はその「何もない空間」へと伸びて行く!

何故健太はこんなことを言うかと言うと、

以前宇宙の夢を見たとき、その宇宙の先の空間を見てきたからだ、、(笑)!

あの時は「脊柱管狭窄症」で腰が痛くて、

歩けない、立てない、横になれない!

「居ても立っても居られない!」とはあのことだ。

さんざん悩まされた挙句、

医者からもらった「モルヒネ系」の痛み止めをしこたま飲んだ。

モルヒネ系、つまり麻薬だよ!

あれで意識が朦朧とした健太は宇宙旅行に出かけたのだ。

そして見てきた。この宇宙の果ての何もない暗闇を!

その何もない暗闇を健太は泳ぐように飛んで行った!

ははは、、

何のことはない、健太の見た夢の話でした、、(笑)。

 

 

 

金金金の世界です!

DSC02454

我が家から望遠で見たH-1フリーウェー。縦の通りはペンサコーラ!

DSC02456

そしてワイルダー・アベニュー。

DSC02429

健太のゴルフ帽子。

DSC02414

カスコのピザ。これで1ドル99セント。美味くて量もあるでよ~(笑)!

DSC02463

ハワイ報知新聞一面の記事。7月12日から始まりました!

DSC02465

昨日13日は第2話が掲載されました。どんどん面白くなってきます。ハワイ報知新聞はニジヤ・アラモアナ店で販売されていますので単発でも購入できます(発行日は、火、水、木、金、土の週5日間)!

 

いよいよ先週の金曜日7月12日から、

ハワイ報知新聞にて健太の長編小説「ホノルル1941」が始まった。

お陰様で大変な反響で、

金曜日は激励・応援で健太の電話で鳴りやまなかった。

皆さん本当にありがとうございます。

話はどんどん面白くなってゆきます!

皆さんの期待を決して裏切りませんのでじっくり読んでくださいね。

で、健太の夢はこれを映画化すること。

スケールのでかい超話題作になること間違いなし!

スポンサーを探していますので、

どなたか紹介してくださいませんか?

結局映画作り=金集め、

金金金の世界です、、、(笑)。

 

 

 

それは一体何なのか?

IMGP0844

わーお、プルメリアの香りがすごい!

IMGP0125

タンタラスに微かに虹が出た!

IMGP0187

ここは間違いなくハワイです、、(笑)!

IMGP0519

ロイヤル・ポインシアナ、あちこちで満開だ。

IMGP0517

オールド・パリハイウェー、無名画家の作品。

IMGP1632

たまにはここへも行こうか!

IMGP1635

ブーゲンビリア!

IMGP1134

ニュース・キャスターのステファニー・ラムさん!健太はいつも彼女のニュースを見ています。

 

健太のブログ、

全盛期には一日のアクセス数がアベレージで1500~2000回ほどあった。

あの頃はブログ自体が人気があったので、

いろんな人がアクセスしてくれていたんだね。

さて昨今、

このブログのアクセス数はどうだろうか?

平均約250回程度。

こうしてアップするからには沢山の人に見てもらいたいのは人情、

しかし、

今やインスタグラムやFB、ツイッターなど沢山のSNSがあるので、

ブログの人気もいまいち、一時ほどではない。

プラス、

健太としてはブログで伝えたいことは既に全部伝えてしまったのだ。

オアフ島徒歩一周やハワイの名所史跡周り、

ワイキキやホノルルの紹介、はたまた数々のSSアップ、、(笑)。

それでもこうしてだらだら、

このブログを続けている理由は何なのか!

それは心のどこかに、

「まだ何か伝えきれていないことがある!」

という思いがあるからじゃないかな、、。

それは一体何なのか、、、。

これからこのブログをアップすることで、

じっくり自分自身に問い正して行きたいと思います、、(笑)。

 

 

金のかかる事ばかり!

IMG_4024 (4)

真珠湾。1941年12月7日早朝、この港が日本軍によって攻撃されたのだ。今週の金曜日からハワイ報知新聞で連載が始まる健太の小説の核になる部分です。一昨日とんまが機上から撮影してくれました。

IMG_4010 (3)

カイルアからパリを越えて空港に向かう上空。見えるゴルフ場はオアフ・カントリー・クラブ!横切る道路はパリ・ハイウェー。まだまだ緑の多いオアフ島だ!

ハワイ報知2019年7月6日

昨日7月6日、正式な記事がハワイ報知新聞に掲載されました。前回との違いは7月2日が7月12日になっただけです!

 

ついにまたカメラが壊れました。

また、、と言うのは、

このブログを15年間やって来て、

既に10台以上のカメラを壊してきたからです、、汗。

してぇ、

代替えカメラはあるのか?

という問いに対して答えは、「ある!」、、ってことになるけど、

どれも一眼レフ、でかいのだ。持ち運びに不便。

おまけに、

ピクセル数が高く高級カメラだけど、

ブログにはそんなカメラはいらない。

最低画素数で十分なのだ。

じゃあ新しくカメラを買うのか、、っていううと、、、

うーむ、

コンデジはかつてほど人気がなく、手ごろなものが品薄になっている。

つまり、

いまや携帯のカメラ機能が良いので、コンデジは高機能コンデジが主流になっている。

ま、今後どうするかはじっくり考えます。

よって今日の写真は、

とんまが一昨日LA から帰ってくる時上空から撮ってくれた、

オアフ島の写真を載せました。

また新聞記事は昨日までカメラはOK だったので、

昨日撮ったものを載せました。

ああ~、なんでこんなに金のかかる事ばかり起こるのだ、、涙。

 

 

 

ホノルル1941

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラジオK-ZOOに出演してきました。お相手はひろ子さん!ヤクザの親分みたい、って言われました、、汗。インタビューは健太の小説についてでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロイヤル・ポインシアナ。満開です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あっちもこっちも凄い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウェストロックGC敷地内に廃墟が!死体でも出てくると気持ち悪いので、中は覗きませんでした、、。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと、58インチの日立の4K TVがこの値段だとさ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベッドルームのソニーの画面が薄くなってきたので、買っちゃいました!絶対買い得です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイ報知の掲載予定記事。前の小説が延びているので、実際は7月12日から始まります。

 

さて、いよいよ来週、

7月12日からハワイ報知新聞に健太の書いた新作長編連載小説、

「ホノルル1941」が始まる。

当初は上の記事のように7月2日からだったけど、

前の小説が延びているので10日間ずれました。

覚えている方もいるもと思うけど、

健太はものを書くのが好きで、

ブログ上でも短・中編小説(?)

「健太の宇宙旅行」や、

「健太の何ちゃってサクセス・ストーリー」を書いてきた。

一応どちらも面白いとの評価をいただいている。

「何ちゃってサクセス、、」は健太の自伝のようなもの、

また「健太の宇宙旅行」は、

健太が脊柱管狭窄症の痛みに悩まされて、

医者からもらった薬(麻薬劇薬)をちょっと飲みすぎて見た変な夢に、

創作を混じえて綴ったもの。

確かにどちらも今読み直してみても、

実にでたらめ破天荒、結構楽しめる。

さて、

このハワイ報知に連載される予定の「ホノルル1941」はどうだろう、、。

これは意外とまじめな作品で、

あの真珠湾攻撃は、

ハワイに住んでいた日系人にとって一体なんだったのか、

またなぜあんな戦争が起きてしまったのか、、、。

そんな疑問にも既存の説を覆す斬新な切り口で説いている!

ストーリーはワイキキで起きた殺人事件をきっかけに、

主人公の日系新聞記者・蘭と慎太郎がその犯人を追いながら、

予想もしなかった事件に巻き込まれてゆくというもの。

構想30年、就筆丸3年、参考文献200冊!

と言う、まさに膨大な資料と時間を費やして完成したものなのだ。

当時のハワイ・日系人文化をはじめ、

ハワイの伝説などを絡めながら話は進んでゆくので、

実に内容の濃い作品に仕上がっていると思います。

乞うご期待!

で、

「ハワイ報知新聞」の購読料なんですが、

なんと、たった月24ドルなんです!

週5日間発行で、

後の2日間および休刊日は「ホノルルスター・アドバタイザー」が付いてくる。

「なんでこんなに家賃が高いの?」「高架鉄道はどうなってんの?」

「トランプさん、大丈夫かな、、」「安部さんの後釜はいるの、、」

身の回りのこと、結構気になるよね、、。

でも英字新聞を読むのはめんどくさい!

そんな時、ハワイ報知新聞が答えてくれます、、(笑)。

 

 

 

ハワイの雀

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日のアラモアナSC。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャネル!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラダ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ターゲット。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近できたマーシャルズ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内の商品(ゴルフシャツ)は安いけど、偽物の安物だ、、、汗。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テスラのショー・ルーム。米中貿易戦争で内情は大変らしい、、、。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウェストロック・ゴルフ・コースの野良。餌をやってもあまり食べない。、、。でも付いてくる。愛情に飢えてるんだ。きっと連れて行って欲しいんだね。

 

時々思うんだけど、

ハワイの犬を日本へ連れて行ったらどうなるんだろう?

日本の犬とうまくコミニュケーションが取れるのかなあ、、。

つまりハワイの犬はやっぱり「犬のハワイ語」をしゃべって、

日本の犬は「犬の日本語」をしゃべるんじゃないの、、。

とんまの所属がまだパンナムだったころ、

ハワイの雀が機内に紛れ込んで成田まで飛んだそうだ。

とんまはそれを保護して箱にいれて、

成田のスタッフに渡した。

「帰りの便でハワイへ連れて帰って貰ってちょうだい」

快く引き受けてくれた成田のスタッフだった。

翌日とんまはホノルルに戻るとき成田のスタッフに尋ねた。

「昨日の雀、ちゃんとホノルルへ持っていってくれたかしら?」

答えたのは他のスタッフだったけど、

「ああ、あれね。なんでも成田の空に放ったらしいですよ!」

「えーっ!」

ハワイの雀君、

「雀の日本語」が分かっただろうか、、汗。