ラナイへ出てコーヒーのもうよ!

今朝は「ラナイへ出てコーヒー」飲みました!!
1430Koa St アラモアナSC裏のラーメン、「満一」。健太のカメラを構える手が、、、汗。
その隣のTast Tea!
同じくSweet Cream。どちらもやっと開くみたいです、、。
Tedさん今回は4日間でこの歩数。買物に寄らないと一日2万歩にはなりません、、。
健太のヒット曲(?)、「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」聞いて下さい。

今日は日曜日、

久しぶりにトンマと二人でラナイへ出てコーヒーを飲んだ。

何年か前のこと、

ある朝とんまに「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」

って言って、

ご覧のようにダイアモンドヘッド様を見ながら朝食を取った。

その時の感動が忘れられないで、

どうしても歌にしたくて出来たのが、

ご覧いただいている「You Tube」の、

「ラナイへ出てコーヒーのもうよ!」

でした。

この歌の中にある「詩」の一部は、

ここにコメントを時々下さる「Oyajihawaii」さんから頂いたもの。

「忘れないでね 今日は残りの人生の 最初の一日」

って言うくだりです。

Oyajiさんから頂いた原文は、

Today is a first day of the rest of your life (だったかな、、?).

という英語でした。

とてもいい言葉なので即歌の中に入れたって言う訳です。

で、

この歌が出来てもう何年も経つんだけど、

最近になってOyajiさんから頂いた言葉の「日本語訳」が、

ちょっと違ったと思うようになったのです。

「今日は残りの人生の 最初の一日」

ではなく、

「今日は新しい人生の 最初の一日」

とすべきだったんじゃないかなあ、、。

「今日から新しい人生だから、

一日一日を夢を持って大切に生きよう!」

って感じになってずっと良かったと思うのです、、。

負けるな!

ケアモク通りも一寸趣が変わってきました、、。
ウェストロック6番ホール、満開のプルメリア!!
コースのマンゴの木からまだたくさんマンゴの実が落ちてきます!
地鶏のヒヨコはどんどん育ってますが、野良犬の標的になっていてとても危険な状態です!
アラモアナ・ブルバード。信号はワードとの交差点!
空港近辺のH-1フリーウェー。
ここで、、、
ばっちり直してもらいました!安かったのでほっとしています、、。

お陰様でPC でのワードプレスが無事復活しました。

ご迷惑をおかけしました。

また割られた車の窓ガラスも、

無事直りました。

ご心配おかけしました。。

前回はベンツだったので1200ドル取られましたが、

今回はレクサスなので半額以下でしっかり直せました。

今、

物事がスムーズに流れて行っているので、

良い事の前兆だと思います。

ハワイに宝くじがあれば買っておくのですが、、(笑)。。

そう!

物事には必ず流れがあって、

悪い方向に動き出すとどんどん奈落の底へ落ち込んでゆくけど、

一旦良い方向に物事が動き出せば、

どんどん回復に向かってゆくものです。

なんせ人生80年の健太、

沢山の経験でそうしたことをこの体で感じるのです。

思えば本当に沢山の失敗をしてきました。

その度に、

勉強させられました。

ある時は「勉強(失敗)」ばかりさせられて、

一向に前進できない時もありました。

でもそんな時も、

決して諦めてははいけません!

何時しか必ず物事は上向きになってくれます。

溺れそうになったら、

一旦川底迄自ら沈んで行って、

思いっきりその川底を蹴って水面に浮上するのです。

そう、

川底は自分の足で蹴っ飛ばして浮上するのです。

大切なのは「自分の力で蹴る!!」こと、

負けるな!

英語として通じそうだ!

今日のハワイの空!
健太家のラナイからみたワイルダー通り。
ラナイから見たダイアモンドヘッド様。
ラナイから見たH-1フリーウェー。
ラナイから見た途切れ途切れのパシフィック・オーシャン!
買い物はカスコへ!

おっと、ラナイからシリーズ、ターストン・ストリートを忘れてました。

ワードプレスのデスクトップからのアップが出来ないので、

今日はipodからアップしています。

iPodからのアップだとコンデジからの写真が載せ難いのが悔しいです、、。

しかし、

写真はiPhoneからのものなので、

もしかしたらより鮮明な画像が見て頂けるかもしれません。

さて健太は、

何かとメモを取るのが癖になていて、

書き込み済みのメモ用紙がゴマンと身の周りにあって邪魔。

今日はそれを整理していました。

と、

その中で以前にここに載せたものと思われるものを発見!

ちと面白いので、再度ここに載せさせて下さい。

恐らくどこからかネットで得たものと思われますが、

こうしてハワイに住んでいる健太もトンマも結構笑えました。

「幅ないすね!」

「知らんぷり」

「斎藤寝具店です」

「夕飯はカンピョウだ」

「アホみたい!」

「っていうか、あっちいけ!」

「おしまいか」

「巨乳好き?」

「相撲終わる」

「親友は元!」

「兄移住」

「寝具破損!」

ははは、

ほとんどが英語として次のように聞こえそうです!

Have a nice day.

Sit down please.

Sightseeing 10 days.

You have a computer.

Hold me tight!

Take a ticket.

Wash my car.

Can you ski?

Small world.

See you again.

I need you.

Sing a song.

PCで投稿できない!

どうしたことかこのブログ、

PCで投稿出来ません。

今iPodから投稿してますが、

写真は毎回コンデジで撮影したものをPCで載せているので、

ここからは最新の写真が掲載できません。

取り敢えず、

現状を報告させていただきました。

困った〜、、涙。

富士カントリークラブ、13番ホール、素晴らしいホールですね。
友達の太田さん撮影!
ちょうどこの写真がiPodに入っていたので許可を頂いて掲載させていただきました。

矢沢永吉さんと健太!

ついさっき出ました!
きのうはOyajiさんとランチ、凛花へ!
二人とも頼んだのは「焼き魚定食」でした。このほか2点の小鉢が付きます。
帰途にアラモアナ・センターへ!アップルストアの前あたり、、。
スタバのコーヒーでじっくり会話を楽しみました。
翼下に真珠湾が、、。シカゴからの帰途トンマが撮影!
空港周辺の高架鉄道橋工事。少しづつは、、、進んでます、、、(汗)。
ハワイっぽい(東南アジア?)Tシャツ、買ってみました!でも何時着るんだろう、、汗。

Oyajiさんとランチをすると、

ランチの後のおしゃべりが長くなる。

Oyajiさんの奥さんも近辺で友達とランチをしているので、

時間を合わせなくてはならない。

女性の「井戸端会議」は長いからね、、(笑)。

そんなOyajiさんとの会話で、

「以前にブログに載せたので知ってるかかもしれないけど、、、」

って断って健太の芸能界で大成できなかった一つの要因を話したら、

「いや、その話は知らないなあ、、」

って言ってた。

そこで結構皆さんも興味を持ってもらえそうな話なので、

もう一度そのことを書いてみたい。

でも、「またか!」って思った人がいれば飛ばしてください。

「矢沢永吉」さんと「健太(トニーズ)」って話、、、。

矢沢永吉さんは「キャロル」というバンドを解散後1975年ソロ活動に移った。

ご存知の通り芸能界は「海千山千」の跋扈する何とも陰湿なところ。

色んな「いじめ」が横行している。

矢沢さんはどちらかと言うと「硬派」、

その態度はかなり「デカイ」。

(以下、

正確な話は記憶にないのでディテールは多少違うと思いますが内容だけを感じ取って下さい)

そんな矢沢さんのデカイ態度を見たある有名な

プロデユーサー(?だったか、とにかくお偉いさん)が、

「おい矢沢、お前みたいな態度の奴は業界から抹消するぞ!」

と悪態を付いた。

そう言われた矢沢さんは、

そのプロデユーサーに向かって言った、

「上等じゃないですか!じゃあ、あんたが業界から消えてゆくか、

この俺が消えてゆくかしっかり見届けようじゃないの!」

先輩後輩、お偉いさん下っ端、

上下関係の煩い業界でよくぞ矢沢さん、言ったもんだ!!

一方健太達トニーズ、

あれは1967年だったと思う、

デビュー曲がヒットして一寸いい気になっていた健太達。

健太達の所属するレコード会社の営業の時だ。

当時の売れっ子、

「青江三奈」「三沢あけみ」「久保浩」などと並んで地方を回っていた。

何処だったか忘れたけど、

ある営業先で、

レコード会社のお偉いさん(だったと思う)が健太たちに言った。

「おい、トニーズ、お前らなんか消しゴムでいつでも消せるんだぞ!」

と来た。

突然のことで驚いた健太達、

どう対処していいか分からない。

そこでリーダーの健太が口を開いた。

「Nさん、そ、そんなこと言わないで、頑張りますからよろしくお願いしますよ!」

矢沢永吉さんとトニーズ、

「業界のいじめ」に対する態度が全く違っていた。

どちらが「良い」とは言えないけど、

汚い芸能界で生き抜くには矢沢さんのように、

「強く」なければ生きて行けなかったのかも知れない。

ある意味で矢沢さんは、

「命がけ」で仕事をしていたに違いない、、。

健太たちは、

ただ女の子達に「キャーキャー」言われたいだけだったのかもね、、汗。

残念ながら健太は、

時代がずれていたので、矢沢さんとは一面識もありません。

健太達トニーズのヒット曲「海はふるさと」聞いて下さい!

またかよ、ですか?ははは、そう言わないで100回聞いて下さいよ、、(笑)。

ハワイに盗人の種は尽きまじ!

空港の高架鉄道橋。エバ方面から空港に乗り入れるカーブ。
空港から出るH-1と交差するところ。

H-1フリウェー、空港からワイキキ方面へ!
ダウンタウン、アロハタワー近辺。
カカアコ周辺、どんどんニュー・コンドが建ってゆく、、。
ニールブレジデル・コンサート・ホール。現在コロナワクチン接種会場になっています!

車上荒らしにまた会いました、、涙。助手席サイドです。
警察が来てくれましたが、犯人は捕まらないでしょうね、、、、。
3日間の歩数です。

何でこんなにハワイは泥棒が多いんだろう、、。

健太はこのコンドに引っ越してきてから、

少なくても5,6回は車上荒らしの被害に遭っている。

そのたびにポリスに来てもらうんだけど、

一向に犯人は捕まらない。

犯行のスタイルから言って、

犯人は同一人物としか考えられない。

そいつの場合物取りと言うより、

半分「愉快犯」だ!

と言うのは、

ある時期を境に健太は車の中に何も置いておかない事にしている。

それを知っている筈の犯人は今回はガラスを割っただけ。

車内に入った様子はない。

もちろんアラームは鳴ったはずだけど真夜中の犯行のこと、

地下の駐車場だし誰も駆けつけやしない。

恐らくこれが日本だったら犯人は即捕まると思う。

毎回同じ犯行スタイルだからだ。

しかし残念ながら、

ハワイの警察は車上荒らしなどのコソ泥には目もくれない。

これだけ同様な手口で犯行が行われるのなら、

定期的に現場を張っていれば必ず犯人はやって来る!

大体はハワイの警察には泥棒を捕まえる気など全くないのだ。

悔しいよね!

「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」

自分が死んでも、泥棒は尽きない、、と言う意味で、

釜茹での刑にあった安土桃山時代に出没した盗賊、

「石川五右衛門」の辞世だ、、、。

それにしても、

ハワイの泥棒は尽きない!!

最近ひったくりも多発しているようなので、

多くの観光客やお年寄りが被被害に遭っている。

コロナ渦がひと段落して、

ハワイ旅行が元どうり再開されるようになっても、

みなさん、

くれぐれも泥棒には注意して下さい!

使わないものは棄てる?

サウス・キングのマッキンレー・ハイスクール。昔はホノルル・ハイスクールでした!
アラモアナ・センターのマーシャルズ。覗いてきたけどろくな物がありませんでした、、。
最近ここもろくな物がないね、、、。
ロングスの飲み物棚。ドクター・ペパーに手が伸びそうです、、汗。
いやー、ここはもっとひどいなあ、、涙。
アラモアナ、観光客の皆さんには必要なサイン、、かな、、。
健太のブログにはやっぱりこれがないと!ウェストロック、15番パー3。左の林の向こうは真珠湾です。
最近滅多に使わないレコードプレーヤー。

キッチンのリフォームが終わったのをきっかけに、

我が家の大掃除。

人生80年もやってると身の回りにはいらないものが散乱している。

健太はミュージシャンだったので、

楽器はギター、ベース、キーボードなどがやらたらにある。

まあ楽器ならまだ良いとして、

音響機器が問題だ。

レコード・プレーヤー、カセットデッキ、

オーディオ・システムも最近あまり使ったことが無い。

You Tubeがあるので、

CDなどの音楽すらオーディオ・システムシステムで聞かないのだ。

こうして、

時代と共に身の回りのものがどんどん不必要になって来る。

かと言ってそいつを捨てるのか?

って言うとそうはいかない。

健太のミュージシャン時代の音源は皆レコードやCDとして残っている。

レコード・プレーヤーもCD プレーヤーも健太にとってはとても大切だ。

だからと言ってそれらを使うのは1年に1回もないのが現実。

こまったこまった、、、

などと周りを見ていると、

さもありなん!

レコード・プレーヤーやCD プレーヤーを所持している健太自体が、

もうだいぶ必要がないものになっているかも知れない、、。

「いらないから捨てようか!」なんて言われないように、

何とかこの世の中に必要な存在でありたい、

と、、、思う昨今の健太です、、。

自信は何処からくるのか?

現在カポレイで開催中の米ロッテ選手権に出場中の渋野日向子選手の帽子に、トンボが!
現在・笹生選手19歳が16アンダーでトップ独走中。健太の大好きな選手です!
そのおなじ頃、隣のコース「ウェスト・ロック」でプレーするトンボ、、じゃなくてトンマ!
8番ホールパー4、雄大なスケールのホールです
昨日はパリでプレー。フランスではありませんハワイのパリです、、(笑)。
アチャー、また捕まってました、、涙。気を付けよう、スピード違反!
パリ・ハイウェーから見えるヌアヌ・三重塔!向こうはダウンタウウンです。

何をするにも人間、

「自信」を持っていたい。

では我々の「自信」は一体何処から生まれるのだろう?

例えば、

今回松山英樹選手がマスターズで優勝したけど、

彼はかなり「自信」を持って試合に臨んだようだ。

今回彼の「自信」は人一倍の努力、

ストイックなまでの練習量を背景にした「自信」だったようだ。

「自信」の背景にはそうした「裏付け」が時として見え隠れする。

しかし、

人の世には「裏付け」のない「自信」を求められることが、

なんと多い事か、、。

そんな場合人は「自信」がもてずに、

惨めな結果を招くこもしばしばある。

しかし、

中には「堂々と」「自信」を持って対処する人間もいるのだ!

なんの「裏付け」もない癖に!

そこで、

「自信」についてじっくり考えてみたい。

「自信」とは、

読んで字のごとく「自分を信じる事」、、

だよね?

その「信じなければならない自分」となると、

「自分とは何か?」

を知らなければならない。

ここ迄来ると答えは簡単に出てきそうだ。

「自分とは、、、、、、」

自分とはあなたの両親のことです!

つまり、

父母の「血」」を半分づつもっているのが、

「自分」なのです。

しかし追及はここで終わりません。

父は祖父と祖母の「血」を半分づつもっているし、

その祖父母は更にその祖父母の「血」を、、、

要するに、

自分とは、

「ご先祖様の集合体」なのです。

だから、

何をするにもその範囲からは決して逃れられないのです。

健太の場合、

健太の父は、

六大学野球ピッチャーで、

当時はかなり有名だった(ネットで検索できる)。

大学卒業後は大手企業の重役迄なった。

健太の母は、

その父(健太の祖父)は警視庁の鑑識課長、

後に開業医で、

蝶よ花よと育てられたという。

また母の母(健太の祖母)は聖心女学院の秀才だったと聞く。

つまり健太はそうした「血」からは決して決して逃れられず、

常にその「血」に左右されてい生きているのです

(と同時に、

ご先祖様の全ての「血」に左右されている、、とも言える)。

そんな「自分」が健太なのです。

今ここでは良い事ばかり書いてはいるけど、

もちろん様々な問題点もご先祖様にはあるだろう。

しかし、

こんな時にプラス思考にならなくて、

一体い何時「プラス思考」になれって云うのでしょうか、、、(笑)。

健太の口癖、

「自分」「自分」って、

偉そうに言ったって結局「自分」とはご先祖様の集合体で、

それ以上でもそれ以下でもない!

突然変異」

、、、めったにないことだと思いますよ、、、。

出る杭は打たれる!

カカアコのSALTへ行きました!
ボイリング・クラブ、、など、個性的な食べ物屋さんが並んでいる。
9BAR HNL。
モク・キッチン!
向こうに見える通りがアラモアナ・ブルバード。
実はその一角にある電話屋さんに契約更改に行ったのです、、。
カスコにコーヒーを買いに。トンマはこれ、インスタントだけどとてもインスタントとは思えない味です!
健太はカークランドがなかったのでUban。これで325杯分です!
ついでにスパムも購入。8缶入りで20ドル!
キッチンのリフォーム、終わりました!これでシロアリの心配はなくなりました。
ストーブもマイクロウェーブも新品で、水道蛇口はオート。
松山英樹選手日本人初、マスターズ優勝。これは凄いことです!

年のせいか、

最近健太は同じようなことをここへ書いてしまう。

いや、

年のせいではないな、これは!

恐らく頻繁に同じような経験するからだ。

松山英樹選手が日本人初のPGAメージャー・ゴルフ・トーナメント、

「ザ・マスターズ」で優勝した。

ゴルフに興味ない人にはわからないと思うけど、

これは偉大なことで、

世のプロ・ゴルファーはみなこのトーナメントに勝つことを目標に、

ゴルフをしていると言っても過言ではない。

米PGA ツアーは世界中のトップクラス選手の集まるところ。

そんなPGAツアーで松山選手はこれまで、

何度か意地悪されてきた。

まず最初は、

2013年の全英オープンでの事。

優勝戦線にいた松山選手、

あるホールのパッティングの際、

多少時間がかかっていたのを競技委員に指摘されて、

2打罰を課せられた。

他にいくらでも遅いプレーヤーがいると言うのに、

松山がやり玉に挙げられたのだ。

当時まだ新人とも言えた松山選手、

「何処の馬の骨」ともわからない松山に、

「全英オープン」の優勝なんかさらわれちゃ、

彼らの沽券にかかわるのだろう。

それでも松山選手は6位に入った。

あの2打罰が無ければもしかして、、、

等と考えるのは健太だけではないと思う。

さて次は去年の3月、

メージャーではないけれど第5のメージャーとも呼ばれている、

「トーナメント・プレーヤーズ・チャンピオン」の初日、

他を大きく引き離して松山選手はダントツのコース・レコード・タイ、

9アンダーでトップに立った。

しかしそれを見たPGAは、

折からの「コロナ騒ぎ」を理由に、

試合自体を中止にしてしまった。

それどころか松山の出した9アンダーの、

コース・レコードまで消してしまったのだ!

「第5のメージャーを松山のような日本人に勝たれてはまずい。

コース・レコードなどとんでもない!」

PGAのそんな姿が見え隠れする。

また、

先日行われたLPGA(米国女子)のメージャー「ANAインビテーション」での事。

日本の河本結選手は2日目まで好調のプレーを見せ優勝争いに絡んでいたが、

3日目、

前の組が急に早くなって前がいなくなりホールが開いた。

そこへ競技委員がやって来て、

「スロープレーの罰金を取る可能性がある!」

とウォーニング。

罰金は100万円と聞いて河本選手は動転、

可哀そうに途端にスコアを崩してしまった。

22歳の新人選手河本にとって100万円は大金だ。

一般には見えにくいところで「チクリ!」と意地悪をする、、。

ハワイもアメリカの一部、

この50年のハワイ生活で、

健太達よそ者は必ずと言っていいほど、

「意地悪」されることをイヤと言う程知らされた。

一寸でも「出る杭」は打たれるのだ!

そこで誰かが言った、

「出過ぎた杭は打たれない!」。

人間、

どうせやるなら「出すぎ」る位じゃないと大成功できないらしい。

そんな意味で今回の松山選手は誰も文句が付けられないほど、

「出過ぎ」た様です。

意地悪をしてきた奴らに言ってやろう。

「ざまあみやがれ!」

ああ気持ちが良い、、(笑)。

広々としたハワイの空!

今日のカピオラニ通り。左の四角いビルがPan Amビル。今日もハワイの空は美しい!
フォー・サイゴン!
アラモアナ・センター、ラナイ・フードコート、元白木屋のスペース。
むすびの「いやすめ」!
BRUGベーカリー。
我が家から海側に出る時はこの道を下ります!
ベルタニア通りにはまだこんな店がありました、、。
でも目的はその隣の中華、、、、
デユー・ドロップ・インでテイクアウト。ここの餃子が美味いのだ!
パリ・ゴルフ場から遠くに見える、、
このチャイナマンズ・ハットの景色が好きなんですよ、、

何時見てもハワイの空は、

広々として大らかだ!

でも、最近の世の中の風潮が何とも重っ苦しい。

まるで「水戸黄門」の印籠のように、

「これが目に入らんのか!」

とばかり、

「差別」「差別」「差別」!

もう賞味期限切れの感はあるけど、

ついこの前、

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の会長で元首相の森喜朗氏が、

「女性蔑視発言」で辞任に追いやられた。

確かに彼の発言は、

決して褒められたものではないけど、

誰だって不用意な発言をしてしまうこともあるものだ。

世の中、もう少し包容力があっても良いんじゃないの、

別に犯罪を犯したわけじゃないんだから、、。

何かというと「男女平等」、、

なんて持ち出すひとがいるけど、

それも無理な話だよね?

だって万が一日本が戦争に巻き込まれる事にでもなれば、

まず「男が」戦場に赴くに決まってるんだ。

この宇宙に人類が誕生して以来、

人間社会には男女それぞれの役割って物がある、

元来人間なんて「完璧な」生き物じゃないんだから、

どこか「いびつ」なところがあるのは当たり前。

もっとハワイの空のように、

広々と大らかに、

余裕をもって生きられる世の中であって欲しい、、

と思うのは健太だけでしょうか、、。