これがアメリカでの生き方!

今日のホノルルの空!
咲き乱れるプルメリア!
ウェストロック5番ショート。綺麗な景色です!
ウェストロック16番ホール。日陰でちょっと一休み!
またデーツが沢山生ってます!
西側ではいつでも電車が走れるようになってるのに、、、。
H-1 フリーウェー手前、ペンサコーラでゴミ屋敷が火事だ!
焼け跡もゴミだらけ、、。
バスの車内さすがハワイ!おばさん、見事です。栓がついているところが美しい、、(笑)。

雨が降ってたし、

首が痛くてしばらくゴルフは休んでました。

やっと首の調子も大分よくなって久しぶりに晴れた今日、

ホーム―コース(と勝手に思ってる、、)のウェストロックに行ってきました。

最近のホノルルは雨が多いけど、

恐らく既に雨期に入ってるんじゃないかな、、、。

してぇ、

以前ここに載せたことがあるけど、

健太家近くのペンサコーラ・アベニューを少し海側に降りた左側、

H-1 フリーウェーのちょっと手前にゴミ屋敷があった。

長年古い車やゴミで荒れ放題の家、

もちろん誰も住んでいなかった。

あまりのひどさに、

周辺住民から、

なんとかして欲しいという声が上がっていた。

その酷さと言ったらテレビのニュースになるほどだった。

そのゴミ屋敷がご覧のように一昨日火事になったのだ。

怪しい!

健太もトンマも「放火」じゃないか、、と疑っている。

実は半年前程のこと、

そのゴミ屋敷から100メートルと離れていない、

古い空き家が火事になった。

その火事もこのブログにも載せたけど、

あれも怪しかった!

長年空き家状態で幽霊屋敷のような不気味な家だった。

あそこも持ち主かそれに近い誰かが放火したんじゃないかと睨んでいる、、。

こうした古い家々を業者に頼んで更地にすると、

かなりの費用が掛かる。

燃やしてしまえば火事場の後片付けだけで費用もそれほど掛からない!

おまけに上手くやれば火災保険も入ってくる。

因みにその半年前の空き家は火事の後、

現在綺麗な空き地に整理されている。

今回のゴミ屋敷も同様、

辺りの地価は最近どんどん上がってる。

火事の後「整地費用」を払ってから売っても、

持ち主には相当の金が入ってくる。

日本と違って、

こういった怪しげなことがまだまだ平気で罷り通るハワイ、

例え何らかの形で裁判になっても「確たる証拠」が無ければ、

保険金は支払われるだろう。

誰が考えても、

「こいつは絶対殺人犯だ!」

と、あらゆる状況証拠を見て判断しても、

「確証」さえ無ければ、

OJ・Xンプソンのように無罪になってしまうケースもあるからね、、、。

自分に不利になることは一切言わないし、

認めない!

これがアメリカでの生き方です!

生まれてきた意味?

ダイアモンドヘッド・ライトハウス!
ダイアモンドヘッド・ライトハウス近くの海!
ライトハウス・スポットの孤独なサーファー、、。
カハラのビーチ・アクセス、133A。
ダイアモンドヘッド様!
ダイアモンドヘッド様の足、、(笑)。
皆さん結構おなじみの景色。さて左の茶色い屋根が沢山ある辺り、昔は何だったでしょうか?お化けで有名、、(笑)
してぇ、ここは何処でしょうか、、、?
戦前の(1941年)ダイアモンドヘッドから見たワイキキの景色!あるのはロイヤル・ハワイアン・ホテル&モアナ・ホテル、手前はビルトモア、、かな。
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より!

さて今日は皆が良く扱う一寸臭い話。

人間、

一体何のために生まれてきたのだろう?

使い古されたこのフレーズだけど、

健太は皆さんご存知の通り来年で80歳になる。

大台を前にして、やっぱりいろいろ考える事も多い。

で、この問いに一番多い答えが、

「人間、子孫繁栄のために生まれてきたのさ!」

ってやつ。

でも子孫繁栄を終えても人間ってずっと生きてるよね、、?

次に多いのが、

「君は何かの使命を受けて、この世に出て来たんだ!」

うーむ、分からないわけじゃないけど、これってなんだか重っ苦しいなあ、、。

最後に多いのが、

「ははは、、、人間、この世に生まれた意味なんてありゃしないよ

たまたま、生まれてきちゃっただけさ!」

色々紐解いてみると、

お釈迦さまもそれらしいことを言っているという、、。

確かにそう言われれば気が楽になるし、

意味がない=意味を付ける事が出来る、、

ってことになって、

自分で好きなように生きれば良いってことになる。

そこで健太は自分の今までの生き方を振り返ってみると、

1、でたらめ 2.好き勝手 3.手探り 4.周りに迷惑のかけっぱなし

下手糞なギターをかき鳴らして歌を歌って、

下手糞なゴルフをやって。書きたいことを書いて、、、。

でも、まてよ?

ここでふとあることが脳裏に浮かんだ。

小学校の時の通信簿だ。

何時も「5」を先生がくれたのは(1~5で、5が一番良い)、

音楽」と「体育」だけ!

そう考えると、

下手でも何でもきっと健太は「音楽と体育」が好きだったんだろうね!

で、

小学生の2年生の時、

健太はピアノを習いたくておっかさんにそれを伝えた。

おっかさんがその時言ったのは、

「富士見ヶ丘の駅から来た角に、朝倉さんって言う家があるでしょ?

あそこでピアノを教えてくれるから自分で行ってらっしゃい!」

確かにあそこにそんな家があった。

健太は翌日、

学校の帰りに朝倉さんの家の門を入って玄関まで行った。

玄関の扉の横に「呼びリン」がある。

健太は手を伸ばした、、、。

、、、でも、

結局そのボタンが押せないまま帰って来ちゃったのだ、、。

元来そういう事には親が付いて行くもの、

でも恐らくあの頃おっかさんも経済的に大変で、

レッスン料なんか払える状況になかったんだろうね。

だからもし本気で健太がやりたいなら、

自分で道を開くだろう、、

そう思ったのかも知れない。

でもなあ、、小学二年生だもんな、、ちょっと無理があったかもしれない。

そんな話をあるときトンマにした。

そしたら驚くなかれ!

トンマも小学生の時歌の先生の所へ行って、

呼び鈴が押せないで帰って来たと言う!

似たもの夫婦っていうけど、

まさかこんなこともまで同じだったなんて、、。

ここで健太少年の名誉のために一言!

数学も国語も試験で時々良い点を取った。

にもかかわらず、

それらには一向に「5」はおろか「4」ももらえなかった。

「ああ、いい点数をとっても通信簿って関係ないんだな、、」

それ以来健太少年、勉強に全く興味がわかなくなってしまった。

大人になって考えて分かったこと、

当時「音楽と体育」は違う先生が受け持っていた。

でも国語・算数・理科・社会は担任の先生、

どうやら健太は担任の先生に嫌われていたようだ、、。

ここでまた驚き、

トンマも担任の先生に気に入られていなかったので、

何時も成績がいまいちだったそうだ!

あの東大より難しいと言われた、

難関の「PAN AM」を一発で受かった「トンマ様」だぞ!

健太だって、

あの難しいと言われたNHK のオーディションを1発で受かっているんだ!

ははは、、あまり関係なかったけど、

健太もトンマもいまいち恵まれていないこともあったようです、、、(笑)。

火遊びが好き!

ワイルダー・アベニューに凄い虹が出ました!
今日はカスコが異常な混みようで、こんなに人が並んでた、、、。
カスコ、、、このスペックでこの値段は安いと思います!
チェリー・ターンオーバー。美味しそうだけど、めちゃ甘いんだよねこっちのは、、。
見つけました!やっと手に入れた34年前ジャック・ニクラウスが46歳でマスターに勝ったとき使ったと同じ型のパター(左)。右が通常のピン型パターだけど、その大きさはなんと1.5倍以上。どでかいです、、汗。
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より!

健太が子供のころ歌った歌に「青い目の人形」って言うのがあった。

青い目をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド
日本の港に着いた時涙を一杯浮かべてた
私は言葉が分からない 迷子になったら何としょう
優しい日本の嬢ちゃんよ 仲良く遊んでやっとくれ
仲良く遊んでやっとくれ

戦前日米間が様々な問題を抱えて、

雲行きが怪しくなったのを憂慮したしたあるアメリカの宣教師が、

子供同士の「人形交流」で将来の日米の親善友好を育てたいと、

12,739体の人形を日本に贈ったそうだ。

そしてそれを記念して出来た歌がこれ!

歌詞を作ったのは野口雨情。

子供の健太はそんなことは知らずにこの歌を良く歌ったもんだ。

してぇ、

この歌詞の中で今でも気になるのが「セルロイド」、、ってところ。

健太が子供の頃はプラスチックなんてなかったので、

現在プラスチック製のものは当時殆どセルロイド製だった。

よって、

子供たちの周りには下敷きや定規など、セルロイド製のもので溢れていた!

実はこの「セルロイド」、

甚だ危険な代物で、

発火点が低くすぐに火がついて、

火が付くとメラメラといとも簡単に燃え上がる。

小学生高学年になると健太の仲間の間で「ペンシル・ロケット」が流行った。

アルミ製の鉛筆のキャップ2つを逆さにして繋げてにロケット風に3本の足を付ける!

その中にセルロイドを小さな破片にしたものと、

花火から抜き出した火薬を詰めて、

マッチの頭をそのキャップを閉じた尻に着けて火をつける。

「シュル・シュル・シュルッ!」

こいつが面白いほど青空に向かって飛んでゆくんだな~!

「火遊びはだめ!」っておっかさんに良く叱られたっけ、、。

また当時はフィルムなんかもセルロイド製だったので、

映画館で上映中のフィルムが燃えちゃうことがあった。

サスペンス・ドラマが佳境に入って、

手に汗を握っているその時、

メラメラとフィルムが燃えて映画は中断!

全く白けるよね。

それにしても良く火事にならなかっと思う、、。

なんだかんだ、火遊びの大好きな健太でした、、(笑)・

王様のような食卓!

ハワイの空は何時も秋空模様!向こうにとんまが歩いてゆく、、(笑)。
エバ・サイドからの蝙蝠山、パリ・サイドからのほうがはっきり蝙蝠に見える!
エバビレッジ・ゴルフ・コースから見える高架鉄道のHo’opili駅。
ハローウィンが近いのでパンプキンが出始めました!
最近ソニーのテレビを少しは見るようになった。一時は全く消えてたけどね。サムソンなんかよりは少し高い!
32インチのハイセンス(中国製)ならこんな値段であります、、。
カスコでギターも売ってます。これで179ドルは、、、いりません、、涙。左隣はカラオケマシン、右隣りはウクレレを売ってました。皆家から出られないのでこんなものが売れるのかな、、。
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より!
終戦直後、焼野原の東京!

夕べ子供のころの夢を見た。

健太は1941年8月の戦前生まれ。

と言っても日本軍による真珠湾攻撃が1941年の12月だから、

戦争の始まる3か月とちょっと前に生まれた、ってことになる。

終戦は1945年8月、

当時はアメリカの大空襲によって、

東京のほぼ全域が上のモノクロ写真ような有様だった。

アメリカの東京空襲が激しくなった1945年はじめころ、

健太は福島の保原と言うところへ疎開した。

その保原の話はまたの機会にするとして、

戦争が終わって東京の明大前の家(泉町)に帰ると、

幸い家は被爆せず残っていた。

辺りは全く上の写真のように一面焼け野原だった。

わずか4歳の健太だったけどその景色は今でもしっかりこの瞼に焼き付いている。

正に上の写真そのままで、

明大前の家から焼け残った新宿のガスタンクがすぐそこに見えたくらいだ。

その家は祖父の家で、

焼夷弾(爆弾)が屋根に落ちたけど、

幸い不発弾で家は燃えずに、

天井に穴が開いただけで済んだ。

してぇ、

夕べ見た夢はそのころの夢で、

鼻をかんだら顔中真っ黒けになってみんなに笑われた夢、、。

今でこそ「ティッシュ」とか「トイレットペーパー」なんてものがふんだんにあるけど、

当時はそんなものなんてあるわけがない、

辛うじてあった紙と言えば新聞紙

だからどこの家でも新聞紙を小さく四角く切って、

トイレット・ペーパーや鼻紙として使っていたんだ、、。

当時の新聞の印刷インクは最悪で、

読んでいる手も真っ黒になるほど。

だから健太が鼻を噛んだら顔中真っ黒になった、、ってわけ。

ましてやトイレに行くと、

みんなお尻が真っ黒になって帰って来る。

風呂に親たちと入るとお尻がみんな真っ黒!

健太にとってはみんなの真っ黒なお尻が面白かったんだけど、

本人たちは意外と気ずかなかったみたい、、(笑)。

あれから75年、

今の東京は「本当にそんなことがあったの?」

って、誰も信じられないほどの近代都市になっている。

また「極上の柔らかいトイレット・ペーパー」、

そして「羽のようにフンワリとしたティッシュ」が何処の家にもあって、

惜しげもなく使っては棄て使っては棄て、

本当に恵まれていると思います。

まして芋のしっぽばかり食べていたあの頃から考えると、

まるで王様のような食卓を前に毎日たらふく食べられる現代!

こんな状況には「感謝、感謝、感謝!」

感謝なくして毎日を過ごすことは出来ません、、。

冗談も休み休み言え!

今日のハワイの空!
ピンクのブーゲンビリア!

ずっと向こうにコウラウ山脈!

これはワエアナエ山脈!
もちろんホノルルに向かってます!
高架鉄道の試運転車、一寸待ってみたけど今日は出会えませんでした、、。
マック、新メニューが出ました!
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より!

前回はコンドミニアムの購入価格の話をしました。

今回はコンドミニアムを購入した場合、

月々に支払わなければならない「メインテナンス・フィー(管理費)」の話をしよう。

健太がハワイで独身生活を送っていたころ、

借家生活が長かった。

1980年代、

借家の家賃はワンルームで月350ドル~500ドル程度。

給料も安かったけど家賃も安かったので、何とかやって行けた。

さて2007年以降話がガラッと変わってくる!

不動産の価格が高騰したので、

借家の家賃がめちゃ高くなった。

現在ちゃんとした借家に住もうと思うと、

スタジオ(ワンルーム形式)でも月最低1000ドルは払わなくてはならない。

ワンベッド・ルーム(1DLK)だと1500ドルくらい、、。

さて話を元に戻して、

現在の「メインテナンス・フィー(管理費)」の話。

健太達のコンドの場合、

現在月々の管理費が900ドル。

コンドは自分の持ち物だっちゅうのにそのほか毎月900ドルも払うんだ!

もっとも管理費が1000ドル以上するコンドなんか幾らだってある、、。

こんな状況だったら自宅なんか持たないで、

借家生活のほうがづっと「お得!」ってことになりそうだ!

つまり安い借家に住んで、

コンドの購入資金をそのまま遊興費に回して、

思いっきり人生を謳歌した方が良いかもしれない!

借家だと何か問題が起きたとき(冷蔵庫の故障・水道漏れ等々)は、

家主がすべて支払ってくれるのでこんな良いことはない。

一時期とんまとコンド探しでホノルル中歩き回っていた。

あるコンドを見に行った時、

「メインテナンス・フィー(管理費)はおいくらですか?」

って聞いたら「1500ドルです」って言われた。

おいおい、それじゃワンベッド・ルームの家賃そのままじゃないか、

「冗談も休み休み言え!」って健太が相手に分からないように日本語で言ったら。

トンマが続けて日本語で、

「冗談は休んだままにしろ!」って言った、、(笑)。

人間、死んじゃあおしめえょ!

今日のワードとルナリロ。1970年代、右の背の高いコンドの16階に住んでいました。突き当りはパンチ・ボール。
右角はNBCコンサートホール、キングとワードの交差点。この景色良く載せてます、、(笑)。
デリングハム・カスコ敷地内、日本人経営のエコ・タウン。営業してました!
エコタウンのギター売り場。ウーム、健太は一応プロだったので、満足できるものは、、ありません、、。
トンマのサンフランシスコからのお土産!
これもサンフランシスコからのお土産だけど、なんで「アロハ」なのかなあ、、、汗。
ハワイコロナ情報。ハワイ報知電子版より。

今日ダウンタウンを運転していたら、

比較的新しい高層コンドが右手に見えて来た。

それは実は健太にとってとても気になるコンド。

何故ならば、

今健太たちが住んでいるコンドを売った男は、

健太達にこのコンドを売るなり、

その高層コンドを買って引っ越していったからだ。

健太達の住んでいるコンドはワンフロアに2ユニットしかないんだけど、

実はその男、

健太達の住んでいる隣のユニットも所有していたので、

彼は健太たちにここを売ったとほぼ同時に、

その隣のユニットも売った。

彼がこのコンドをいくらで買ったかは簡単に検索できる。

彼は健太たちに購入価格の2倍の値段を付けて売りつけたのだ!

隣のユニットも同じこと、、。

つまり彼は、

2つのコンド売って莫大な儲けを手に入れたのだ。

ホノルルは小さな町、いや村と言っても過言ではない!

噂はすぐ村中に広がる。

実はその健太たちにこのコンドを売った男、

最近何かの病でこの世を去ってしまったそうだ、、、。

賢く立ち回って大儲け!

「しめしめ!」

恐らく彼はそう思ったに違いない。

噂では彼は他のコンドでも大儲けをしたそうだ。

でもね、天国だか地獄だか知らねえけど、

人間「死んじゃあおしめえょ!」

誤解のないように付け加えると、

健太達がこのコンドを購入した時期は、

ホノルルの不動産価格が急騰していた時期でした。

ハワイの高架鉄道!

バレーを踊るあしながオジサンは、ハワイアン・スティルト!
やっと捉えた試運転中の高架鉄道、ウェストロック、7番パー3にて!
ウェストロック15番ホール脇はすぐ真珠湾です。その真珠湾越しにハワイ富士が見えたぞ!
空港の高架鉄道橋が、、、
、、大分できて来た。高架橋の向こうは空港の駐車場だ!
フリーウェーをパール・シティーからホノルル方向へ!
ここでは出ませんよ、タロッペさん、、(笑)。
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より
3日分で、6万4675歩でした!

2枚目の写真「走る高架鉄道試運転車両」、

やっとカメラに収める事が出来ました!

と言うのも、

この写真はウェスト・ロック・ゴルフ場の7番ホールでの出来事なんだけど、

今週月曜にこの同じホールでティーショットを打とうとしたら、

突然ティーグランド左側の「走る高架鉄道試運転車両」(以下電車)が視界に入ったのだ。

またとないブログ用写真の対象!

慌ててカメラを出して撮影しようとしたけど、

時すでに遅し、

電車はカポレイ方向へ(画面右から左)走り去った、、。

悔しいのなんの!

で翌火曜日、

同じウェストロック7番ホールで、

トンマと「まさか今日は電車、走ってこないよね!」なんて言って、

またティーショットを打とうとしたら、

な、なんと、

またもや高架線を颯爽と走ってくる電車!

再び慌ててカメラを出したけど、

同じく時すでに遅し電車は慌てる健太をよそに、

スイスイとカポレイ・コオリナ方向へ走り去ってしまった、、、涙。

さて今日木曜日。

またもやウェストロックの7番ホールにやって来た。

「健太、もしかしたら今日も電車がやってくるかもしれないから、

カメラを用意しておきなよ」

トンマのその一言にしっかりカメラをオンにして、

ボールを打たないで健太はじっと待っていた。

幸い前後にプレーヤーがいなかったので邪魔にはならない、

じっとティーグラウンド脇の木陰で高架橋の方を睨んでいた。

しかし、

待てど暮らせど一向に電車は現れない。

やがて後のプレーヤーが来たので諦めて木陰から移動し始めたその時だった!

「シュルシュルシュル、、」

なにかが移動する音が右上空、東の方から聞こえた!

トンマが叫んだ!

「健太来たわよ、カメラ、カメラ!」

すっかり諦めて気持ちが覚めてしまった後の突然のこと、

それでも何とか頑張って健太は、

持っていたゴルフ・クラブを投げ出してカメラをポケットから出した!

だが、こういう時は中々カメラも反応してくれない。

なんとかオンになったカメラを構えた健太は東上空にカメラをむけて、

「パシャリ!」

やりました!

何とかカメラにその雄姿を収める事が出来ました。

ほっとした健太だけど、

実はこの試運転、

午前と午後に一回づつらしく、

たまたま3日間もそのタイミングに健太たちがそこに居合わせたって、

誠に偶然が重なっての出来事でした!

ただ残念なのは電車をもう少しアップして取りたかったこと、

慌てていたのでズームをセットする時間がなかったのです、、。

さてこの高架鉄道、

予定が遅れに遅れ、

今年の12月にはカポレイからパールシティー迄一部開通させる予定でしたが、

残念ながらそれも大幅に遅れています、、、。

アラモアナまで全線開通までにはまだまだ相当掛かりそうです、、涙。

何時まで経っても金がない、、

スター・オブ・ホノルルお客さんがいないので係留されたままでした、、。
ホノルル港から見たダウンタウン。
港のマリン・センターも閉まってました、、。
オバマさんの壁画。隣の赤いビルはジャック・インザボックス。さてここは何処でしょうか?
ウェストロック15番パー3、160ヤード。やっぱり一枚くらいこれがないとね、、(笑)。
ハワイコロナ情報。ハワイ報知電子版より!

例えば、

一寸多額の臨時収入があったりすると、

人は大抵、

「車をアップ・グレードしよう!」

などと言って、

今までトヨタに乗っていたのにベンツに乗り換えちゃったりする。

すると、駐車場は小さいし、

屋根付きじゃないとペイントが傷むなどと言って、

より高い駐車場を借りなければならない。

税金も保険代も上がっちゃう。

家でも全く同じことが起きる。

年齢とともに給料も上がったし、

子供が大きくなったので家を買い替えよう、

増築しようなどと言って、

大金を投じる。

すると、

税金も上がるし維持費も大幅に上がってしまう。

ってなわけで、

その人は何時も多額の支払いに追われて、

何時まで経っても「金欠病」、、ってことになるんだよね、、汗。

中堅芸能人も中堅プロスポーツ選手も、

一寸有名になって稼ぎが少しでも良くなると、

同じように高級車を買ったり豪邸を建てたり、、。

結局大金を稼いでも、

常に色んな支払いでアップアップ!

恐らく沢山の人がこの繰り返しで、

何時もお金に追い回されているに違いない!

良い家に住んで良い車に乗ってはいても、

何時まで経っても金はない、、。

要するに「見栄」がそうさせるんだ。

だから人が見栄から解放されれば、

ずっと生き易くなるんじゃないの、、(笑)。

えっ、健太ですか?

健太はとても「見栄っ張りです」、、涙。

名は体を表す!

遠くに見えるコオラウ山脈!
サフロン・フィンチ。シャッターを切るとき、ちゃんと首だけ振り向いてくれました、、(笑)。
分かりにくいけど、右側が蝙蝠・マウンテン!
もっと分かりにくいけど、突き当りに蝙蝠・マウンテン、、(笑)。
トンマのバーディー・パットを撮ろうとして、こんなの撮っちゃいました、、汗。
してぇ、トンマのバーディーは入りませんでした、、涙。でも今日は2つのバーディーを出したトンマでした、、(笑)。
パリでご一緒したナショナル・ジオグラフィックの、能星さん!曲がるけど飛ばし屋です、、(笑)。
ハワイコロナ情報。ハワイ報知電子版より!

先日パリ・ゴルフ・コースで写真に写っている「能星(のうじょう)さん」と言う方とご一緒した。

年は、、うーむ、60代中ごろと言ったところかな、、。

能の星、、最初名前とその字を聞いてカッコいい名前だなあ、、って思った。

ご先祖様はきっと「能」で有名な家系じゃ無いかな、って勝手に想像した。

で、家に帰ってからその苗字の由来をちと調べてみると、

以下の結果が検索された。

千葉県東京都能城の異形。千葉県君津市浜子が本拠。同地に江戸時代にあった。

千葉県袖ケ浦市横田では千葉県木更津市真里谷を、

戦国時代に根拠地とした真里谷武田氏の家臣の加藤氏が、

1479年(文明11年)に池で発見した明るく輝く石像を祀って、

同地の熊野神社を建立して賜ったと伝える。

推定では熊野の熊が含む「能」と輝きによる「星」。

とまあ、良く分かんないけどこんな感じでした。

で、ふと健太の苗字「荒木」の由来がはどうかな、、

って思ってこれも検索してみると以下のようなものが出た。

①現京都府北西部と兵庫県東部である丹波荒木城主は、

中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる藤原摂家流。

②ほか中臣氏。③服部氏。

④中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。藤原秀郷流。

など様々な流派がみられる。

全国に多いが、特に熊本県、長崎県に多いとされる。荒城と書く場合もある。

うーむ、これも良く分かんないけど、

健太の親からは、

「荒木」は和歌山県荒木村がその発祥、、

と聞かされていた。

新宿に「荒木町」ってあるけど、何か関係あるのだろうか、、、。

いずれにせよ、

「名は体を表す」って昔から言う!

荒木健太は、

荒々しい樹で健やかで太い、、ってことだね、、(笑)。

そうです、健太は太いのです、、(笑)。

長生きの秘訣!

ドンキのサインが変わりました!
これが古いサインです、、。
ドンキ入り口脇の「パールス」でテークアウト。元「ヤミーズ」です!
その隣の「HIS」はクローズ、、。
お好み焼きの「山ちゃん」はやってました!もちろんテークアウトのみですが。
ドンキの駐車場から、、。見える鏡のコンドはセンチュリー・センター。
サムスの駐車場に停まっていたフォード。とってもおしゃれだよね!
ドンキの真ん前のコンド。カピオラニなんちゃら、、。亡くなったベースマンのお姉さんが持ってる!
ハワイコロナ情報、ハワイ報知電子版より。少しづつ減っているようです、、。

女優の竹内結子さんが亡くなった。自殺らしい。

突然の訃報に誰もが驚きを隠せない。

20年以上前、ハワイでもNHK の連続ドラマ「あすか」が放映されて、

そこに当時まだ20歳前の竹内さんが出演していた。

群を抜く美貌と新人らしからぬ演技力、

その将来性が既にはっきりとその時見てとれた。

そして誰もが彼女の将来を期待したし、

彼女も決してその期待を裏切らなかった。

以来テレビや映画で次々と活躍その魅力を発揮、

押しも押されぬ日本のトップ女優になっていた。

私生活では一度離婚したものの、

去年再婚、子宝にも恵まれすべてが順風満帆と思われていた。

なのに、なのに自らの命を絶ってしまったという、、。

黙ってても人間必ずいつかは死ぬのに、自分で自分の命を絶つなんて、、。

しかし人は時々何の理由もなく、

自らの命を絶つことがあるらしい。

健太は心配になってとんまに言った。

「俺もいつか自殺なんかするのかな、、」

トンマはその声に振り向きもせず吐き捨てるように言った。

「健太は大丈夫、そんな心配ないわよ、、」

だとさ、、。

確かに、

健太には「大きな夢」があるからね!

健太が思うに、人が夢を無くした時が危ない、、。

夢さえしっかり持っていれば、

人は何時までも生き続けられると健太は信じている!

だから何もかも夢が叶ってしまった人は、

もうこの先やることも無いので生きる必要がないんだ、、。

それにしても最近、

コロナに罹ったわけでもないのに、芸能人がよく死ぬ。

藤木孝さんに次いで、

守屋浩さん、

更にルイスルイス・加部さん。

守屋さんは先輩歌手であるとともに、

健太がいたホリプロの重役でとてもお世話になりました。

また、加部さんは、

この前なくなったマモル・マヌーさんと同じ、

ゴールデンカップスのベーシスト。

ライブでは良くご一緒させて頂きました。

皆さん、

だから大きな夢を持ちましょう!

それはちょっとやそっとで叶うものではなく、

「どでかい夢」

そうすれば何時までも元気で長生きできると思います、、(笑)。