選択肢を減らせ!!

あーっ、雨がやって来る!!
その前兆はとっくにありました、、。
とんまが行くウェストロックGCの8番。大好きな景色です!
H-1ウェスト。向こうの山はワイアナエ山脈。
アラモアナ・ブルバードとワードの交差点。カカアコのニューコンド群が凄い、、。
セーフウェーのサンドウィッチ。長さ50センチ近くありました!
サムスのマドレーヌ24個入り。アメリカ製にしては美味しくてコーヒーによく合います!
月曜日の歩数はこれ!
今日はこれでした!

**********

秋山さと子さんと言う方がいた。

「いた」という事は既に(1992年)亡くなっているからだ。

東京都出身。

1923年、曹同宗の寺院に生まれる。1940年文化学院を卒業。

19歳の時結婚。28歳で離婚。

その後ジャズ歌手やディスクジョッキー、デザイナーとして活動する。

35歳の時に駒澤大学仏教学部に入学、更に大学院へ進学。

1964年に渡欧して、ユング心理学研究所に4年間在籍。

その経験は、「チュリッヒ夢日記」として出版され、

当時のユング派の夢分析の実体験を知ることができる。

実はトンマが彼女のファンで、

若い頃彼女の主催するセミナーに何回か参加している。

また彼女の沢山の著書のなかから、

健太も何冊か読ませて頂いている。

トンマがそのセミナーに参加して、

沢山の印象に残る彼女の言葉があったと言って、

健太は事あるたびに「秋山さと子語録」の一部を、

とんまから聞かされている。

その言葉は健太の頭から何時も離れない。

例えば、

「洋服やバッグなど、

身の回りの品はブランド品を選びます!」

理由として、

「ブランド品は材質やデザインが優れていて、

大抵の場合どれを選んでも無難である!」

「また着る服は常にワンピース」

理由は、

「上下のマッチングは考えないで済む!」

*****

現代人は果てしない宇宙のように広い文化の中を彷徨っていて、

我々はそこで常に「選択」と言う行動を迫られる。

人間、

生きて行くためには余計なことに煩わされていては、

決して「強い」とは言えない我々のこの「脳」を、

肝心なところでフル回転させることは出来ない。

「瑣末的なことに捕らわれるな!」

秋山さと子さんは、

そんな事を言いたかったんだと思います、、、。

<一部ウィキペディアより借用しました>

カメハメハ大王!

土曜日なのに人もまばらなアラモアナSC、、。
Oyajiさんと、またこの中華へ!
健太は前回と同じ「担々麺」!
Oyajiさんは、「チンジャオロースー(?)」。2人でチップ込み36ドルでした。
アラモアナ山側のABCは閉まってました、、。
もちろん白木屋も閉まってます、、。
Book-Off 健太の本の売れ行きを見に行ったら、ポリスが来てて閉まってました。泥棒でも入ったのかなあ、、。
とんまがまたアンセリウムを買ってきてくれました。室内が明るくなります!
ダウンタウンのカメハメハ大王像。

**********

健太はハワイの歴史に興味があって、

今回出版した本は勿論ハワイの歴史の一部で、

真珠湾攻撃の裏話でした。

しかしハワイの歴史を語る時、

ハワイ王国のことは欠かせません。

そこで今日はその辺をざっとおさらいしてみます。

*****

イギリスの冒険家キャプテン・クックがハワイ諸島を発見したことは、

皆さんも良くご存知のことと思います。1778年の事でした。

キャプテン・クックは最初にカウアイ島を発見、

ワイメアに立ち寄り現地人と交わり水や食料の補給をしたのですが、

やがてまた航海へ出ました。

しかしその翌年の1779年、

ハワイ島のケアラケクアに戻って来たのです。

折しもハワイアンの間では、

マカヒキと言うロノの神を祭る儀式の真っ最中でした。

そこでハワイアンたちはクックの持つ西洋文化に驚き、

クックをロノの神と信じてしまったのです。

クックは自分が神と間違われていることを知りつつも、

なせるがまま、

すっかりノロの神になって行動したのです。

ハワイアンたちは下へも置かぬ歓待でクックを崇めました。

やがてクックはまた航海に出るのですが、

途中大時化に合って船のマストを折られてしまいます。

仕方なく修復の為、

船はまたハワイ島のケアラケクアに戻るのですが、

「帆の折れた船」を見たハワイアンたちは、

「神の船の帆が折れるわけがない、こいつはノロの神なんかじゃないぞ!」

と言ってクック側とハワイアンは対立、

戦いが起きて、

クックは殺されてしまいました。

然しクック以来、

イギリス、ロシアそしてアメリカなど、

沢山の西洋文化を持つ船がハワイを訪れるようになります。

当時ハワイはまだ一つに統一されておらず、

王たちがそれぞれの島にいて対立していましたが、

そこで皆さんもご良く存知の「カメハメハ」が出現します。

カメハメハは、

ずば抜けた身体能力を持っていたばかりではなく、

頭脳明晰、更に周囲からの信望も篤く、

彼の生誕地ハワイ島の王として押しも押される存在となっていました。

しかし当時、

西洋文化を持った国々の船がやって来ては、

ハワイアンと血なまぐさい争いを起こすことが多かったのです。

カメハメハは、

白人たちの戦いで2人を捕えます。

アイザック・デービスとジョン・ヤング。

通常ハワイアンたちは捕虜を即殺しましたが、

カメハメハは彼ら2人を大切にしました。

女を与え家を与え厚遇したのです。

デービスとヤングはすっかりカメハメハに心酔して、

忠実な部下となり西洋の武器の使い方をカメハメハの部下に教えるのです。

やがてカメハメハがハワイ全島統一のために戦いに出ると、

デービスとヤングが全面的に支援、

各島の王たちとの戦いに勝利を収めて行くのです。

実際には紆余曲折、

多難な道でしたが何とかカメハメハは全島を統一、

ハワイの王様になるのです。

この続きは、、、またね、、(笑)。

早く死ね!!

虹っぽい空でした!
アップにすると、、、、。
タロッペさん、ウェストロックGC7番の満開プルメリアです!
水辺に生息する足長の、ハワイアン・スティルト君!
青空に翻る白旗、このホールは難しい、、降参です、、(笑)。
ヤシの実、デイツ、、かなあ、、、。
Umai-bo, ハワイでも買えます!
安かったハワイのテレビも最近値段が上がってます。 58インチ4K、健太は2年前に299ドルで買いました!半導体不足のせいでしょうか、、。
今日はお陰様で18ホール全部回りました!!
ダイアモンド・ヘッドワイキキ&アラモアナ、そしてダウンタウン。トンマ撮影!左端にちらりパンチ・ボールが、、。

**********

物価が上がってます!

昨日のニュースによるとアメリカの物価は、

去年の同時期と比べて5%以上あがっているとのこと、、、。

ハワイはご存知の通りアメリカの平均よりはるかに物価が高いので、

5%じゃすまないと思うんだよね。

上のテレビの写真で見ると、

一昨年健太が買ったヒタチの58インチ4Kテレビは、

サムスクラブで299ドルでした。

もっともこれはちと安すぎだと思うけど、

さっき同じサムス・クラブで見た同クラスのJVCの58インチ4Kが

ご覧いただいているように、469ドル。

70ドルの差ってことは、

20%以上の値上げ、、ってことだよね!

もっともテレビの場合、

現在半導体不足でさらに割高になっているようだけど、

健太のような年金暮らしの爺さんには、

この物価高、

「早く死ね!」って言われてるみたいな気がしてなりません、、涙。

因みにちょっと自慢話になるけど、

健太家の現在のテレビは75インチ・4Kになってます、、(笑)。

偉い人がいるもんだ!!

ワイアナエ山脈、そして右の山はオアフ島で一番高いカアラ山、4030フィート!
アフリカン・チューリップ!
アラモアナ・ブルバードにある元下水局。
デリングハムのオアフ刑務所。
オーキッド(蘭)は高いね、、。ははは、違えました、118ドルはこの木製の入れ物の値段のようです!
じゃあ花は幾らなんだろう、、?
ヤングストリートの J-Shop にも健太の本、「ホノルル1941」を置いていただけました。
本は表紙カバーを取るとこんな感じです
本には写真もたくさん載っています!!
後ちょっとで1万3000歩でした!
ジム・フィーリック(右)とキャディーのマイク・コーエン(フラフ)。

**********

今日午前11時50分ごろ、

オアフ島の自宅で地震を感じました。

ニュースによると震源地はハワイ島東17マイルで、

マグネチュード6.1。

健太ととんまはTVを見ながら微かな揺れに、

思わず目を見合わせました。

と言うのもハワイは火山島でありながら滅多に地震を感じることが無く、

健太のハワイ生活50年の間、精々4,5回体感した程度です。

この地震による津波の心配はないという事でした。

**********

世の中には偉い人がいるもんだ。

今日の主人公はアメリカのプロ・ゴルファー、

ジム・フィーリックさん。

彼のキャディーは通称フラフと呼ばれる、

マイク・コーエンさん。

フラフはタイガー・ウッズの最初のキャディーで、

タイガーがプロになってバッグを最初に担いだ人だ。

しかしタイガーはなぜか彼をすぐに首にした。

が、その後すぐにジム・フィーリック選手がフラフを雇ったのだ。

あれはもう20年以上前の話、、、。

フラフがタイガーのキャディーをやってた時、

すでにかなりの年配だったことを考えると、

恐らく現在彼は60歳半ばを過ぎているに違いない。

タイガーのキャディーをやったころのフラフは、

かなり太っていた。

しかし今の彼はすっかりやせ細っている。

そればかりか、

年齢のせいもあってだろう、

時にはバッグを担ぐ足取りも不確かで、

ふらついているようにさえ見受けられる。

もうとっくに引退させてもおかしくないフラフだが、

ジム・フィーリックは今もフラフを大切に使っている。

プロゴルファーにとってキャディーは大切なパートナー、

年を取ってふらついているようなキャディーでは、

足手まといさえにも思えるけど、

それでもまだジムはフラフを使っている。

きっとフラフ本人が、

「もう駄目だ、、」っていう時まで、

ジムは彼を使う気だろう、、、。

勝負の世界は厳しい。

特にプロゴルファーは予選落ちでもしたら、

1銭にいもならない無収入状態だ!

それでもフラフを頑なに使うジム、、、、

そんな彼には頭が下がります。

で、

今でも忘れられないのは今から12,3年前の事、

タイガーとジムが、

プレーオフににもつれ込んだ試合があった。

結局ジムはタイガーに競り負けちゃった。

もちろんその時のジムのキャディーはフラフで、

タイガーのキャディーはかの有名なスティーブ・ウイリアムス。

ジムはタイガーに負けてもフラフを首なんかにしなかった。

しかし一方、

後々タイガーに首にされたスティーブは、

「暴露本」を出してタイガーの悪口を書いた。

スティーブが世間からブーイングを受けたのは勿論のことだ。

勝負に勝つことは大切、

しかし、

長い人生生き抜くには、

「心の大きさ」「懐の深さ」が必要じゃないの、、。

またそんな生き方をする人に我々は惹かれるよね、、、。

ちょっと支離滅裂だったかも知れないけど、

言いたいことは分かって頂けたと思います、、、。

ホノルル 1941

ハワイ報知新聞に連載された健太の小説「ホノルル1941」が、文庫本で発売されました!
昨日のハワイ報知新聞の記事。
ハワイ・Bookoff &ニジヤ・ユニバーシティーで発売中大サービス1冊7ドルです!
文庫本の表紙カバー!実物は黄色いあらすじの左上にバーコードと値段が入っています。
青空に勢いよく伸びる「夾竹桃」!
ウェストロックGC 1番ホール・グリーン。
ウェストロック18番フェアウェー!

10月1日、

健太の「小説真珠湾・ホノルル1941」の文庫本が発売されました。

2019年から2020年にかけてハワイ報知新聞連載小説だったもので、

日本でも同時発売と行きたかったのですが、

コロナのお陰で全く予定が立ちません。

何とか日本へ送ろうと色々やって見ましたが、

現在ハワイからの船便が無く、

送料がバカ高くなっています(一冊送るのに30ドル近い!)。

そんな訳で皆さんに送る事が難しくなっています。

ごめんなさい、、。

2、3番目の写真は10月5日のハワイ報知新聞に掲載された、

本の完成時にインタビューして頂いた際のものです。

ハワイにいらっしゃる機会がありましたら、

ぜひお求めください。出血大サービス、1冊7ドルです、、(笑)!

カカアコのBookoff(716-A Cooke st. Honolulu)は,

ホノルルで日本書籍購入可能な唯一の店です。

またニジヤ(ユニバーシティー店)さんには無理を言って置いていただきました。

後は如何に映画化の話を進めるか!

時間はかかるでしょうが何とか実現させたいと思っています。

出演する俳優さんたちには相当の英語力が要求されると同時に、

話の舞台・時代・内容、などを考慮すると、

かなりの大作になりそうです。

しかし、

こうして文庫本として完成させて頂いたことは、

とりもなおさず、

ハワイ報知新聞社の皆様の多大なるご協力とご努力の賜物、

またこうして健太のブログを応援してくださる皆様のお陰と、

心から感謝させて頂いております。

本当に、ありがとうございます!!

ハワイ島火山噴火!!

ハワイ島のキラウエア火山、ハレマウマウが噴火!
噴火の様子。
「ハワイ火山国立公園」とあるところにハレマウマウがある!
ケワロ湾のサーファー。
パドリングで沖に向かうサーファーたち!
変わったボードの人を見つけました!飛ぶのかなあ、、、。
ケワロ湾に停泊中の Ocean and You 号。
カスコの駐車場にこんな車が。秋葉みたい!
カスコ名物のアイス、1ドル99セント!
なんと、トニーズ・デビュー当時の吉永小百合ショーの一場面がネットにありました!
向こうが吉永さん、手前が健太です。吉永さん足が太かったです、、(笑)。

**********

ハワイ島のキラウエア火山が再び噴火した。

キラウエアは2018年の大噴火で、

プナ地区の亀裂から大量の溶岩が噴出し、

道路や民家に甚大な被害をもたらしたのはまだ記憶に新しい。

HVO(ハワイ観光局)は火山性ガスが大気に放出される危険性がある為、

航空機を対象とする「レッド・アラート」を発令、

さらに市民にも毒性のガスに注意するように呼び掛けている。

火山ガスは特に、

呼吸器疾患を抱える人や、

乳児、子供、妊婦などに危険をもたらしやすい。

キラウエア火山は2018年の大噴火で、

数か月にわたって溶岩が噴出し、

プナ地区にあるレイラニ分譲地などで数百戸もの住宅が破壊され、

住民数千人が避難を余儀なくされた。

山頂のハレマウマウ火口では、

暗闇の中で赤く輝く溶岩を見物しようと、

相当数の観光客が訪れると予測され、

くれぐれも危険な地域に立ち入らないように注意を喚起している。

苦せずして儲ける奴!

H-1フリーウェー・ウェスト。右のパールカントリー・クラブを過ぎたあたり。
タロッペさん、二ユーバレー・ドライビング・レンジ再開しました!
ウェストロック1番から18番を見たところ。
ウェストロック給水タンク。
お陰様で、4か月ぶりに18ホール歩けました。やっとやって来たウェストロック18番ホール!
帰りに買い物だレストランだ、沢山歩いたので今日はこんな歩数になりました!
ジッピーズのチキンカツ!
とんまはフレンチ・トーストでした!
ガソリンがが上がってます!半年前はこれより1ドル安かったのです。
サムスでセールのゴルフシャツ。
あまり安くて良い品物なので2着買いました(1着500円、ハワイでこの値段は絶対ない、、かも、、笑)!
サイズは健太の場合伸縮性があればS で十分。
買ってきたネギに根っこが付いていたので、育ててみます。やくみ位にはなりそう、(笑)。

***********

ご覧いただいているポロシャツ(ゴルフ・シャツ)が、

なんと一枚 $4.87(500円)!!

サムス・クラブ (会員制)で買いました。

いやー、ともかく品物が意外と良いのです(生地も縫製もグー!)。

今時信じられない値段!

日本へ行って何時も驚くのは、

こうしたポロシャツ・ゴルフシャツがめちゃ高い事。

大体1万5000円から2万円くらい。

めちゃ安でも1万円はするよね!

成田のイーオンなんかのセールでも、

7,8千円はする(有名ブランド品ではない)。

ハワイもワイケレのアウトレットでは、

最低35ドルくらいはするね。

更に、

Rossでも最低20ドルはする。

健太のクローゼットにはゴルフシャツが溢れていて、

恐らく100枚以上あると思う。

品物はピンキリで、

結構高いものもあれば安いものもある。

でも一枚5ドルのポロシャツを買ったのは、

今回が初めてのことです。

それにしても日本のゴルフシャツは高い!

2万円のゴルフシャツを見ても、

一体どこが2万円?

って感じ。

何処かに苦労せずに儲けている奴が居るんだよね!!

不思議な事があるもんだ、、、

今日はダブルがしっかり見えるね!
上の右下はこうなってます。今日もまたワイルダーまで来てる!
久しぶりににとんまが購入してきた「アンセリウム」。本当にビニール製に見える!
ヌアヌの天理文庫へ!閑静ないい所にあります。後ろにコウラウ山脈が見える、、。
おっと、凄い本を見つけました。健太のバンドで歌ってた「サンディー」の著書だ!
当時サンディーが健太のバンドで歌っていた「ワイキキ・ブルース」、聞いて下さい!
その天理文庫・館長の岡田さん。隠れた有名人です、、(笑)。
今日の米国アーカーソン選手権で、これを入れれば優勝の畑岡選手!!
見事優勝しました!笹生選手も頑張って4位タイ(まだ旗はフィリピンです)。
な、なんとケワロ湾に「佐世保消防団」がいたぞ!
金曜日の歩数です!!

************

不思議なことがあるもんだ、、。

天理文庫でご覧いただいているサンディーの本を見つけたら、

今度は、

グアムに行ったとんまからLineが入って、

「テレビにサンディーが出てるよ!」

って言ってビデオで映して送ってくれた

(グアムでは日本のテレビが見れる)。

サンディーがフラを踊っている映像だった。

彼女はクムフラと言ってフラの最高位を持っている。

ま、偶然サンディー関係が重なったって訳。

そんなサンディー、

1970年代ハワイで健太の作曲した「ワイキキ・ブルース」、

「ペルシャ猫は恋泥棒」をレコーディング、

ローカル・ラジオ局で大人気だったのだ。

健太はまだ若くて(今よりはずっと、、汗)、

サンディーと仲が良かった。

彼女は子供の頃ハワイに来てたから英語はペラペラ、

歌唱力は当時でもハワイでもトップクラス!

ジャズからロック、

はたまた演歌迄なんでも歌える歌手だった。

丁度その時、

日本でヤマハ音楽祭(第7回世界歌謡祭〉があって、

サンディーはハワイから出場する事になっていた。

そして日本に渡った彼女は見事グランプリを受賞!

メジャーデビューとなった。

はっきり言って、

彼女がヤマハ音楽祭に出ると決まった時、

ぜったい優勝すると思っていた。

それほど彼女の歌唱力は凄かった!

サンディーは日本へ行く前健太に、

「帰ってくるから待っててね!」

って言ったけど、

健太は待っていなかった。

彼女には大スターになって欲しかったからね、

足を引っ張るわけにはいかない、、、。

あれから早、

半世紀近く経ってしまったなぁ、、。

放っといてんか!

キング・ストリート、また誰か捕まったようです!
H-1フリーウェー、空港近辺。今日の天気はいまいち、上の青さは車のガラスです!
高架鉄道工事、ミドル・ストリート駅。
日本の食品店・マルカイはミドル・ストリート近辺です。
Mind your own buisiness!意味分かりますか、、(笑)。
UAの機内で配るビジネス・クラス用「アイ・シェード」。アイ・マスクではありません、、。

************

11時42分にティータイムが取ってあった今日のウェストロック、

行ってみると小雨がぱらついていて、

空も灰色。

風邪でもひいたら大変な状況の今の健太、

この先まだまだ降りそうなのでキャンセルして、

ホノルルに帰って来ました。

そんな訳で今日の写真は、

助手席に座っていたトンマが撮ってくれたけど、

ハワイ独特の深い青空は残念ながらキャッチできませんでした。

してぇ、

一番下にあるのが、

ユナイテッド・エアラインのビジネスクラスで配布している、

アイシェード。

Mind your own buisiness!の、

言葉の意味は「放っといてんか!」ってことでした。

さて、

ここで日本語英語のおかしなところにお気づきのことと思います。

そう!

「Eye Shade」が正しい呼び名で「Eye Mask 」は日本語英語です。

それといつも気になっているのが、

犬を散歩させる時に使う犬を繋ぐ「ヒモ」、

これを日本語では「リード」って言いますが、

本来は「リーシュ」であります。

どうせ使うなら正しい英語を使って欲しいなあって、

何時も思ってます。

と言うのは、

今回健太が徹底して医者に掛かって、

沢山のボキャブラリーが飛び交っている中で、

日本育ちの健太にとってはかなり厳しい状況、

失敗の連続でした。

例えば、

健太の平均体温は36.5度前後。

これを健太は「My average body temperature is 、、」

なんて言っちゃって医者や看護師を困惑させた。

英語では平均体温を、

「My normal body temperature」って言う、、、汗。

言われてみれば確かにそうかもしれないけど、

50年もハワイにいてこれだから困っちゃうよね、、(笑)。

特に医学専門用語は難しい、、。

しかし失敗は「勉強」!

先月80歳になった健太ですが、

まだ先へ進もうと勉強をしています。

頑張れ健太、、(笑)!!

地球外生命体!!

市場に出ているマンゴ、そろそろ時期は終わりかな、、。それにしてもでかいなあ!
カピオラニ通り。木陰が何となくハワイらしくありませんね、、このちょっと先右側に柳寿司があります。
ウェストロック8番グリーン。トンマのパーパット!
健太のちょっと変わったゴルフ帽子。庇がこのようにプラスチックでサングラス風になってます。
健太のバンドのドラマーがやっていたナイトクラブのタオル。
一時はホノルル・ベストナイト・スポットで連日盛況でした!
集めに集めたフェンダー・ストラトキャスター!
ちょっと古い写真なので既に手元にないものもあります
最近11ホールでやめるので、この程度の歩数です。

**********

健太のギター・コレクションもこの辺で終わりです。

まだガットギター、エレ・ガットなどがありますが、

棚の上の方で梯子なしでは届きません。

梯子は倉庫なのでめんどくさいです、、(笑)。

さて秋の夜長、夜空の星を眺めるのは楽しいよね。

夢がある!

今日は書くことが浮かばないのでそんな宇宙の話。

みんな宇宙には興味があるけど、

何んだか良く分かんないんだ。

まずこの宇宙に星はどのくらいあるのだろうか、、。

ある物の本によると、

宇宙の歴史は138億年で、

1~2兆個の銀河、

そして300垓個(10の20乗。ちなみに京は10の16乗)の星からなっている。

「これだけ星があるのに、

地球外生命体が発見されないのはおかしい!」

と、

エリンコ・フェルミと言う人が言ったそうだ。

これをフェルミのパラドックスと言うらしい。

で、その地球外生命体が発見されない理由として考えられるのは、

1.地球に彼らはとっくに到達しているのに、我々が発見できない。

2.過去には来ていたけど最近は来ていない。

3.何らかの制限で地球に到達していない。

4.地球外生命体など、そもそもいないのだ。。

アメリカ軍はつい最近UFO の存在を認めた!

何らかの形でその正体がわかれば、

地球外生命体の謎も解けるかもしれない、、。

とは言うものの一部では、

「アメリカ軍がUFOを認めたのは、

軍に更なる予算が欲しいからだ!」

なんて夢のないことを言う奴がいる!

みんな自分の事しか考えてないんだね!

さて、

日本では総裁選たけなわ、

4人の候補が出ているけど、

うーむ、

どうやら中には自分のことばかり考えている奴が居そうだ!

彼らの政策をしっかり聞いてみると、

おのずと、

それぞれ奴らが何を考えているのかはっきり見えてくる!

党に関係ない健太には投票権ないけど、

もし健太に票があれば、

入れるのはあの人しかいません!

わかるよね、誰のこと言ってるのか、、、(笑)。

そう、あの人です!!