久しぶりワイキキ・ディナー!

              トランプ・ワイキキ・ビーチタワー、そして千房へ!

**********

やっと日本の窓際対策が撤廃されたことにより、

ワイキキには日本人観光客が少しづつ戻ってきている。

今日は健太とトンマの親友・歌手万理村れいさんが、

久しぶりにハワイにやってきました。

万理村さんの宿泊はご覧の定宿のトランプ・ワイキキで、

夕食はトランプから歩いて5分の千房レストランへ。

万理村さんの仲間と健太ととんま、

総勢9名の大所帯でのディナーでした。

何しろ3年ぶりの万理村さんとの再会、

そして「千房」も3年ぶり!

大いに盛り上がりました。

            千房の社長で健太のギターの弟子、Mr. 樫村!

                    万理村さんと健太。

使命を全うせよ!

何故かキャプションが写真ごとに入力できませんでした。

**********

通常写真をアップすれば、

一枚ごとにキャプションが入れられるのに、

今日は何が気に食わないのか、

キャプションを入れさせてくれないワードプレス君でした、、。

ま、写真を見れば、

何を言いたいのか大体わかってもらえると思うけど、

ヨーグルトは最近これに凝っていて、

時計はとんまが以前免税品機内売り上げでトップになって、

賞品として貰ったものです。

メーカーはよくわからないけど、

機内ではそれなりの値段で売っていたそうです。

それと隣はこの前も載せた100円ショップ時計。

悔しいかな100円ショップの時計君、

成績優秀で全く狂わないのだ!

また金もかからないのです。

この前載せたローレックスは電池を変えるのに100ドル、

一方この100円時計は同じ100円ショップで売っている、

2個100円の電池を1個入れればよろしい!!

何をやっても狂いっぱなしの持ち主健太君に、

この100円時計君はきっと何かを伝えたいんだと思います。

「人生金じゃないよ、見かけでもありません。

ましてや家柄(ブランド)などどうでもいいのです!

あなたが人間として生まれてきた、

その使命を全うしなさい!

私は時計としての使命を間違いなく果たしています!」

車上荒らしにまたもや!!

マカイ・マーケットのチキン・フィルA!
大盛況で列がマカイ・マーケットの外にも延々と続いていました、、。
健太たちはあきらめたけど、無事手に入れたカップル、、。
あまりの混雑に健太たちは表に出て、ここでランチ!
Oyasjiさんは、ワンタン・スープ!
健太は「スープイン・ビーフン」。辛すぎでした、、涙。
食後はアイ・ショッピング。
とんまの会社のバッグ類はここの製品です。
何処もまだ店内はガラガラ、、。
しかし、とんまはここの商品が好きなようで、、
つい最近とんまが買ったバッグです
やっぱり客はあまりいません、、。
最近カスコでソニー製品をよく見かけます、頑張れソニー! 
また健太の車が車上荒らしにやられました、、。
駐車場内には最近カメラを付けたのでセキュリティーの会社に映像をもらうことになってます。
金目のものは車内においてないので、ジャンパーを一枚盗まれただけでした。
おそらく犯人は前回と同じ人物だと思います。

**********

また車上荒らしにあいました。

このコンドはセキュリティーがありません。

でも最近セキュリティー会社に頼んでカメラを付けて、

「カメラが監視しています」と看板を掲げてあるのに、

犯人はその程度ではひるまなかったようです。

コンドの管理会社は土日休みなので、

月曜日にでも映像をもらおうと思ってます。

健太の考えでは、

犯行の手口から考えて前回と同じ犯人だと思います。

それもおそらく子供による犯行でしょう。

前回ベンツがやられた時は、

物入れの中に入れてあったコインを全部盗まれました。

今回もその辺を徹底して物色した形跡があったのです。

警察を呼んだけど、

その時は何も取られてないと思ったのでそう報告したら、

調書も書いてくれませんでした。

ジャンパーが盗まれていたのは後で気がついたのです。

本当にハワイの警察は、

何度おなじことが、

同じところで起きようとも、

犯人を捕まえる事が出来ない「素晴らしい!」警察なのです、、。

要するにコソ泥など捕まえる気がないのです、、怒。

痛み止め注射打った!

同じコンドのY子さんのユニットからの景色。Y子さんは普段はニューヨークに住んでいる。
とてもすっきりした室内です!
あまり首が痛くてつらいので医者に行ってきました。医者の待合室にあった「絵」。
もちろん日系人のお医者さんです。
処方された薬はアセタメノフェンとCOD#3の混合剤。COD#3は殆ど麻薬ですが、痛みが極度に軽減されます!
古い「ハワイ50」を見ています。この方が新しい「ハワイ50」より面白い!
それと60~70年にかけての懐かしいハワイの街の景色が見れて楽しいです。
一つのボックスに3~6枚づつディスクが入っていて一枚4~5話入ってます。

ちょっとやそっとでは見終わりません。

**********

2014年の11月に健太は「脊柱管狭窄症」の手術をしている。

そしてその後経過はごく良好だ。

ところが、

パラオから帰ってきてこの方、

今度は「首」が猛烈に痛くなってきた。

人間の頭は相当な重量で、

首が痛いとその重い「頭」を痛くて支えられないのだ。

ソファーに座っていて起き上がるのも苦痛。

朝起きる時のその痛みはマックスで、

ベットから降りるのも痛みで一苦労。

我慢できずに医者に行ってコティゾンの注射を打ってもらって、

写真に写っている薬を処方してもらいました。

その効果あってか、

だいぶ良くはなっているけど、

直ぐにぶり返しそうな感じもある、、。

ははは、、しかし心配ありません、

何しろ、

ほとんど麻薬みたいな強力な薬を処方してもらったからね!

ラリった状態でこのブログを書いてます、、(笑)。

有難や、有難や!

羽田航空を飛び立ったとんまの乗った飛行機!
とんまが武蔵小杉で食べたランチ定食。これで1600円はちょっと、、、汗!
UAプリミア・エコノミーのアメニティー。
なんでもいいから日本のパンを買ってきてくれ!って頼みました。羽田のコンビニで買ってきたようです。
こんなもん、、って思うかもしれませんがこれも買ってきてもらいました。ハワイでは貴重なものです!
ハワイ報知電子版より、「ハワイ色の空の下 ⒃ 」!
ハワイ報知電子版は月1650円でハワイ最新情報が入手できます!

**********

とんまが遠大な計画の基に日本旅行を計画、

全てスケジュールをこなして今日帰ってきた。

ホノルルーグアムーホノルルーグアムー成田ー羽田ーサンフランシスコーホノルル。

こんな複雑なスケジュールだった!

仕事はグアムーホノルルーグアムの間のみだったけど、

どうしてどうして、

こんな恐ろしいスケジュール、

とても健太にはとてもこなせそうもない、、汗。

こうなると一番困るのは睡眠だ。

間でよく眠れれば、まだいくらか良いも知れない。

しかしこんなスケジュールでは、

人間の体はそんなにうまく機能してくれない。

さっき我が家に帰ってきたとんまは多少は疲れた感じはあるけど、

意外と元気なのには驚かされる。

ま、スッチー生活X3年のベテランだ、

その辺はとてもとてもとても、

常人には真似のできることではないと思う!

とんまが買ってきてくれたここに写っているパン、

「たかが日本のパン」って皆さんは思うかもしれませんが、

健太にとっては貴重な「パン」です。

だって考えてごらん、

このパンを買うために、

まともに払ったら一体いくらの飛行機代がかかっているか!

あ~、有難や、有難や!

太平洋を股にかける女!!

ダニエル・イノウエ空港。前に出た便が先を飛んで行く!
船があるのはケワロ湾!
そのちょっと先、アラモアナ・ビーチ。
おなじみのこの景色、ダイアモンドヘッド様!
左にダイアモンドヘッド様、先の方にはココヘッド!
ダイアモンドヘッド様に最接近状態。日本へ行く時と同様ここから右へ大きく旋回します。でも目的地は、、、
目的地は、グアムでした!

**********

写真でご覧いただいているように、

とんまがフライト(仕事)に出た。

10月11日から日本の水際対策が撤廃されてコロナ以前同様、

普通に我々アメリカ在住者も日本へ行けるようになった。

そこで、

とんまの遠大な日本旅行が計画された。

日本にどうしても行かなくてはならない理由があったからだ。

*****

とんまの会社の「ホノルルー成田」の便はまだ再開されていない。

成田便がない間のとんまの仕事としては、

出来たらグアム便が好ましかった。

しかしグアム便もグアムのスタッフが飛ぶので、

とんまのようなホノルル・スタッフにはなかなか手に入らない。

仕方なくシカゴ便を飛んでいたんだんだけど、

本人はシカゴ便があまり好きではない。

そこで目を付けたのが、

グアムのスタッフが何らかの理由で「グアムーホノルル」便をキャンセルした時、

とんまがそれを拾うのだ。

セニョリティーがあるので(古株なので)それができる。

それを拾ったとんまは、

グアムまで自分の時間を使って飛んで行って、

その拾ったフライト「グアムーホノルル」の往復を飛ぶ。

つまりホノルルに来てもグアムへ戻るフライトを飛ばねばならない。

そうしてグアムに戻ったら仕事は終わりだ。

さてそこで、

「グアムー成田」便があるのでそれに乗って成田へ飛ぶ!

日本到着後東京で2泊。

用事を済ませたらホノルルに戻るんだけど、

前述の様にホノルルに向かうとんまの会社の便はまだない。

かと言って成田空港からグアムに戻っでホノルルへ、、

ってんじゃああまりにも能がない。

仕事用の荷物もまだ手元にあるので東京から成田まで、

そいつをゴロゴロ引っ張ってゆくのもやっかいだ。

そこで素晴らしいアイディアが浮かんだ。

東京にも空港があるじゃないか、そう、羽田空港がある。

羽田に行けばUAも、

「羽田ーサンフランシスコ」便があるのでそれに乗ってサンフランシスコへ!

そしてサンフランシスコから「サンフランシスコーホノルル」便に乗って、

ハワイに戻ってくる、、、

こうして遠大な日本旅行計画は立てられたのです。

正にとんまは

太平洋を股にかける女、、(笑)!

今回の写真はグアムから飛んできて、

グアムに帰ってゆく時のとんま撮影のものです。

昔のホノルル!!

1940年代のワイキキ!
1800年後半、ダイアモンドヘッド頂上からのショット。
ワイキキのホテルはモアナもロイヤル・ハワイアンも何もない、、、。
手前の楕円形のフィールドは馬場だったらしい。現在はカピオラに公園だ。
1930年代のホノルル港。アロハタワーはとっくにあります。
アラモアナ・ショッピング・センターの工事前!手前の道はカピオラに通りだと思います。
戦前のハワイ日系美人たち!
1940年代、ダイアモンドヘッド上空を飛ぶハワイアン航空!
戦前のダウンタウンの映画館。

**********

健太の趣味の一つに、ハワイの古い写真集めがある。

古い写真集には、

大昔のハワイから日系人が活躍した1800年後半から1940年の戦争前まで、

しかしすべてがモノクロ。

そこで最近AI を駆使したPhotoshopを使って、

カラーにして楽しんでいる。

写真によっては全く良い色が出ないで酷いものもあるけど、

中にはなかなかのものもある。

戦前の日系美人たちの写真なんか良い方だと思います、、(笑)。。

ハワイ日系二世、、、

カスコのコヒー。比較的安いくて美味い!
鹿児島の焼酎を頂きました。高そうだけど、健太はアルコール止めてしまいました、、涙。
機内で配られるナプキン。グアム&パラオに飛んだ時もらいました!!
最近エコノミー機内サービスでもらえます。
カスコのテレビ、ハイセンス(中国製)40インチ・4Kでこの値段です!
サムソン75インチ・4Kでこの値段です。最近日本製のTV があまり売られていません、、。

***********

1941年12月8日真珠湾攻撃による日米開戦は多くの悲劇をハワイに住む日系人にもたらした。
太平洋沿岸の日系人10数万人は強制立ち退きを命ぜられた。この米国の出たら目な取り扱いに対し、米国市民権を持つ日系2世は「憲法違反である!」と講義した。
そうした講義デモの先頭に立ったのは、第一次世界大戦でアメリカのために戦った勇士であり、また米国民であることに誰よりも誇りを持って強く生きていた「ジョセフ・栗原」だった。
彼はそうしてアメリカ人として誇りを持って生きたにもかかわらず、
「ジャップ」の一言で辱しめられ、
彼が米国民として第一次世界大戦で戦った名誉さえ踏みにじられ、
銃剣の先でこづき回され、全く人間としての取り扱いを与えられなかった。
彼の米国に対する非人道と不正義に対する挑戦はこうして始まり、
遂には米国市民権を放棄、
戦後焦土と化した日本に多くの二世とともに引き上げた。
しかし貧乏と困窮のどん底にあった敗戦国日本は、多くの二世にとって住みよい場所ではなかった。
そのためあれほど米国の不信に憤り、市民権を放棄してまで日本を選んだ二世たちも、
その殆どがのちに米国市民権を回復して米国に戻ってしまった。  

そんな中、ジョセフ・栗原は困窮に耐え、日本で、日本人になる事に全力を尽くした。
生涯独身で老境に入った彼は、黙々と東京の片隅に生き、
冷ややかな現代日本人の人情を見つめつつ、
盆栽、盆景に関する本を英訳しては日本の美しさを海外に伝え、
欧米でベストセラーの一つとして称えられた。
彼はあらゆる困苦と戦っていたが、その間自分の運命については一言も愚痴を言わず、
古武士のような態度で生き抜いた。
そして昭和40年、東京目黒の宿舎で脳溢血の為その生涯を閉じた。  
彼はカウアイ島に生まれ、東京で70年の生涯を閉じるまで、
自らの信ずるところに断固として生き抜いた熱血漢だった。
聖書を片手に一刻として純潔の精神を忘れず、
人生最後の一ページまで男らしく闘い抜いた。

残された彼のタイプライターには「自然に還れ」、
と題された次の一文が残されていた。   

世界は偉大なる科学の進歩をたたえている。 
しかし人はいかにして月に行くかに苦労して、 
大地より生まれたことを忘れている。 
幼き日に一握りの土を持って泥だんごをつくり、 
トンネルや穴を掘って遊んだ事を忘れている。 
人生と健康を与えてくれるこの大地の土は、
もはや我々の手や足に接していない。
現代の人々は幼き日に自然が与えてくれた喜びの全てを忘れてしまっている。   
この本の教えるところは、日本人がいかに限られた狭い場所と資材で、 
石や土を持って限りない自然の喜びを味わう事が出来るかを、 
教えたものである。 
現代の歪められた全てを超越して、 
そこに改めて自然を味わう、日本の偉大な芸術があるのだ。

 実はこれは彼が残そうとした著書の書き出しだったが、
不幸ににしてその完成を見ずして帰らぬ人となってしまった、、、。

注:この内容は生前大変お世話になった、日系二世村山氏から頂いた資料を元にしました。 

ハワイ報知電子版より、ハワイ色の空の下⒂。健太のなんちゃってサクセスストーリーを大幅に書き換えています。
ハワイ報知電子版はひと月1650円で最新ハワイ情報が入手できます!

過去の栄光!!

   

ザ・ダイアモンズ(トニーズの前身)、松竹映画の一場面!
トニーズの、「ボブスノー」キャンペーン!
雑誌週刊平凡、伊勢志摩ロケ。
同じく伊勢志摩!
ホリプロ・契約時のワンショット!
マルベル・トニーズ・プロマイド。
ビクター・レコードのトニーズ。
コロンビア・レコード移籍、一発目!メンバー(キーボード)が増えてます、、(笑)。
ハワイ・オアシス・ナイトコクラブ前。
そして現在のチョイ悪おやじに至る(アヒポキさん撮影)!

**********

早いもので、

今年は健太が松竹映画で作った健太のバンド(トニーズの前身)、

「ザ・ダイアモンズ」の結成60周年になる。

一番目の写真がそのザ・ダイアモンズがある映画に出演した時の一場面で、

後ろの垂れ幕には「ザ・ダイアモンズ」って書いてあるけど、

一体何の映画だったか一向に思い出せない。

ってことは、ま、大した映画じゃ無かったと思います、、(笑)。

現在ハワイ報知新聞に連載している「ハワイ色の空の下」は、

いよいよ健太のハワイ生活の話になるので、

それに載せる古い写真の整理をしいるんだけど、

実は写真整理はずーっとやっていて、

あまり写真が多すぎてなかなか終らないのです、、汗。

今日のホノルルは悪天候で良い写真がないので、

丁度いい、

その整理中の写真を載せました。

「健太、、過去の栄光をいつまでも追ってるんじゃねえよ!」

なんていう方もいらっしゃるでしょうが。

決して栄光でも何でもなくて、失敗の連続、哀れの連続でした。

それを今後しばらくハワイ報知に連載する予定です。

内容はだいぶ以前ブログに載せたものと重なるとは思いますが、‘

大幅に加筆、新しいエピソードもてんこ盛りになっています!

(古い写真は、モノクロをカラーにしています)

日本人の失ったもの、、、

今日のダイアモンドヘッド様!
ビルで海が見えなくなってきている。海を返せ!
ターストン・ストリート。
ワイルダー・アベニュー
マックが食べたかった!
モニターをワイドに交換しました!

**********

なにをいまさら、、、

って言う人もいるだろうけど、

現代日本社会に必要なのは日本古来からの日本の文化、

「武士道」だ。

安部さんの国葬に反対する人がいても構わないと思う。

しかし、

亡くなっていしまった人を鞭で打つという文化は、

日本には決して存在しなかった。

今回の国葬問題で、

まるでテロリストを擁護して、

殺された安部さんを悪人の様に追求するという、

信じられない意見が見られた。

戦後沢山の海外文化が入ってきた結果、

そんなことが起きてしまったんだと思うけど、

もう一度日本人には「武士道教育」が必要だと思う。

以下は幕末に活躍した山岡鉄舟の、

「鉄舟武士道」とよばれたものである。

1.うそを言うな

2 恩を忘れるな

3 父母の恩を忘れるな

4 師の恩を忘れるな

5 人の恩を忘れるな

6 神仏と年長者を粗末にしてはならない

7 幼者をあなどるな

8 自分の欲しない事を人に求めるな

9 腹を立てるのは道にあったことではない

10 何事につけても人の不幸を喜んではならない

11 力の及ぶ限り良くなるよう努力せよ

12 食事の度に農夫の辛苦を思え。すべて草木土石を粗末にしてはいけない

13 他人の事を考えないで自分に都合の良いことばかりしてはならない

14 ことさらお洒落をしたりうわべを繕うのは、

  わが心に濁りがあるためと思え

15 礼儀を乱してはならない

16 いつだれに対しても客人に接する心であれ

17 自分の知らないことは、だれでも師と思って教えを受けよう

18 学問や技術は富や名声を得るためのものではない

  己を磨くためにあると心得よ

19 人にはすべて得手と不得手がある。不得手を見て一概に人を捨て、

  笑ってはならない

20 己の善行を誇り顔に人に知らせるな。

  我が行いはすべてわが心に恥じぬために努力するものと心得よ

これ、分かるかなあ、、、